舞鶴地方隊ホームページにようこそ

舞鶴地方総監ご挨拶

 明けましておめでとうございます。
 皆様には、令和2年の新たな門出を穏やかに迎えられましたことを心よりお慶び申し上げます。また、旧年中のご支援に対しまして、衷心より感謝申し上げます。

 さて昨今、我が国を取り巻く安全保障環境は不安定さを増しており、特にこれまで核・ミサイル開発を加速させてきた北朝鮮の動向は、新たな展開を見せてはいるものの未だ不確実・不透明であり、中国は東シナ海での活動範囲・回数を拡大・増大しながら積極的な海洋進出を続けています。 さらにロシアは、極東での訓練の実施を活発化させています。
 こうした中、日本海におけるミサイル防衛、常続的な警戒・監視活動に加え、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処活動は継続し、加えて災害派遣、国際緊急援助活動への参加など、より緊迫した情勢の下で、海上自衛隊は国内外において多様な任務に対応していかなければなりません。
 一方、昨年は、新たな「防衛計画の大綱」・「中期防衛力整備計画」がスタートし、制度面・組織面・装備面においても大きな変革の時期を迎えています。
 こうした情勢下こそ、常に精強な隊員・装備、即応できる体制をもって、平時における「備え」、グレーゾーンにおける「構え」、そして有事における「対処」に万全を期していくために、変化に対応した舞鶴地方隊「力」を発揮し、北は秋田県から西は島根県に至る日本海の防衛・警備、災害派遣及び後方支援等の任務を切れ目なく、滞りなく遂行してまいります。

 舞鶴地方隊は、119年前に帝国海軍が開庁した舞鶴鎮守府から多くの遺産・資産を引き継ぎ、発足から68年の実績を積み上げてまいりました。 こうした伝統の重みを「誇り」として、諸先輩方が築かれてこられた成果を「基盤」とし、地元との連携・協力を大切に、皆様の安全・安心の確保に努めてまいります。
 舞鶴地方隊は、引き続き、広く国民の皆様に開かれた部隊として活動してまいりますので、皆様方の変わらぬご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 今年一年が、皆様にとりまして、充実した飛躍の年となることを心より願うとともに、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

 このホームページが、舞鶴地方隊に対するご理解の一助となれば幸いに存じます。