日・太平洋島嶼国国防大臣会合

日・太平洋島嶼国国防大臣会合(JPIDD)について

令和3年9月2日
防衛省

  1. 9月2日、防衛省が初めて主催する多国間防衛相会合である、日・太平洋島嶼国国防大臣会合(JPIDD: Japan Pacific Islands Defense Dialogue)がテレビ会議形式で開催されました。
  2. 岸防衛大臣が議長を務め、太平洋島嶼国の中で軍隊を保有する3か国(フィジー、パプアニューギニア、トンガ)から、セルイラトゥ・フィジー共和国防衛・国家安全保障・警察大臣兼村落離島開発・災害管理大臣、トゥナパイ・パプアニューギニア独立国国防副次官及びトゥイオネトア・トンガ王国首相兼国防大臣代行が出席しました。
  3. また、オーストラリア、カナダ、クック諸島、フランス、ミクロネシア連邦、キリバス共和国、マーシャル諸島共和国、ナウル共和国、ニュージーランド、ニウエ、パラオ共和国、ソロモン諸島、ツバル、英国、米国及びバヌアツの代表者が参加しました。
  4. 本会合では、自由で開かれたインド太平洋、海洋安全保障、新型コロナウイルスへの対応、気候変動とHA/DR(人道支援・災害救援)について意見交換を行い、議論の成果として「日・太平洋島嶼国国防大臣会合共同声明」を採択しました。
日・太平洋島嶼国国防大臣会合(JPIDD)について
日・太平洋島嶼国国防大臣会合(JPIDD)について