日トンガ防衛相テレビ会談について

2022年7月29日
防衛省
英語版/English
印刷用

 標記について、以下のとおり実施されましたのでお知らせします。

 令和4年7月29日11時30分から約40分間、岸防衛大臣とフアカヴァメイリク・トンガ王国首相兼国防大臣とのテレビ会談が行われました。

  1.  冒頭、岸大臣から、本年1月にトンガにおいて発生した火山噴火及び津波により被害が発生したことについて、改めてお見舞いを述べました。また、岸大臣は、トンガにおける自衛隊の国際緊急援助活動について触れ、今後も太平洋地域の平和と安定のために貢献していく考えを伝えました。フアカヴァメイリク首相からは、安倍元総理大臣の逝去に対して弔意の表明があるとともに、自衛隊の国際緊急援助活動を含め日本の支援に対して謝意が示されました。
  2.  両者は、二国間の防衛協力・交流等について意見交換を行いました。その中で、岸大臣から昨年の日・太平洋島嶼国国防大臣会合(JPIDD)では、我々が直面する地域の共通の課題について率直な意見交換ができた旨伝え、改めてトンガの支援に対して謝意を述べました。また、岸大臣は、南太平洋国防大臣会合(SPDMM)への日本のオブザーバー参加に係るトンガの支持に対して謝意を述べました。
  3.  また、両者は地域情勢についても意見交換を行ったほか、今後も両国間の防衛協力・交流を一層推進し、緊密に連携していくことで一致しました。