リチャード・マールズ豪副首相兼国防大臣と松野内閣官房長官との会談

2022年6月14日
防衛省

印刷用

 6月14日午後17時5分頃から約20分間、松野博一内閣官房長官は、訪日中のリチャード・マールズ豪副首相兼国防大臣(The Hon. Richard Marles MP, Deputy Prime Minister and Minister for Defence)の表敬を受けたところ、概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭、松野官房長官から、訪日を歓迎するとともに、マールズ副首相の就任に祝意を表しました。また、松野官房長官は、日豪の安全保障・防衛分野の協力は、両国の利益となるのみならず、厳しい安全保障にあるインド太平洋地域全体の平和と安定に貢献するものとの考えを示し、「自由で開かれたインド太平洋」の維持・強化及び、日豪の「特別な戦略的パートナーシップ」の更なる強化のために引き続き連携していきたい旨述べました。
  2. これに対し、マールズ副首相は、感謝の意を述べるとともに、インド太平洋地域の平和と安定のため、安全保障・防衛分野や経済分野を含む日豪協力を一層深化させていきたい旨述べました。
  3. さらに、双方は、ウクライナ情勢や東アジア情勢について議論を行い、いかなる地域においても力による一方的な現状変更の試みに反対することを確認するとともに、一連の弾道ミサイル発射を始めとする核・ミサイル問題や拉致問題を含む北朝鮮への対応等について引き続き連携していくことを確認するとともに、TPPを始めとする経済分野においても日豪が引き続き緊密に連携していくことで一致しました。