空自空上げ

ホーム > 広報・イベント > 空自空上げ

三沢基地空自空上げ

空自空上げとは

 全国の航空自衛隊各基地で、ご当地にちなんだ鶏のから揚げを隊員食堂で提供しています。
 航空自衛隊全体でより上を目指すとする意味を込めて「空上げ(からあげ)」と呼称しており、それぞれ特色ある空上げがあります。

  各基地の空上げはこちら

三沢基地空自空上げ


 三沢基地の空上げは、三沢市の特産である「ゴボウ」と「にんにく」を使用しており、香ばしさとサクサクとした食感が特徴で隊員から人気のあるメニューです。




 

ご当地グルメ「三沢基地空自空上げ」プロジェクト

 三沢市と三沢基地が連携し、構想に2年の月日をかけ、三沢基地空自空上げをご当地メニューにするプロジェクトが遂に開始されました。
 新型コロナウイルスの影響を受けて売り上げが落ち込む市内飲食店が、野菜・畜産農家が生産する農作物の地元消費を促進するとともに、消費者(三沢市民)に美味しい空上げを食べていただくことで、地域全体を元気づけて盛り上げていこうというプロジェクトです。

 空上げには2種類あり、
①「オリジナル」…三沢基地隊員食堂と同じレシピで調理し、提供している空上げと同じ味付け空上げ。
②「アレンジ」…三沢市産の食材を、材料又は添え物に使用し、店舗独自のレシピで調理する空上げ。


三沢基地で食べられている空自空上げが、今回の取り組みを通じて、広く市内で提供され、ほっき丼やパイカ料理などのように三沢市民の皆様にとって身近な存在となり、末永く愛されるメニューになることを願っています。

                                     三沢基地司令 久保田 隆裕 
 

 なお、三沢基地空自空上げの提供は、市内飲食店にて10月1日から開始の予定です。