岐阜基地司令

ホーム > 基地について > 岐阜基地司令

岐阜基地司令

     
kichishirei kichishirei





 航空自衛隊岐阜基地ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 岐阜基地は、飛行場開設から100年余りと、現在運用されている飛行場としては日本で最も長い歴史を有しており、私をはじめ隊員一同、諸先輩方から引き継いだ歴史と伝統に誇りを持って、各種任務及び練成訓練に邁進しています。

 岐阜基地には、弾道ミサイル対処を行う、ペトリオットPAC-3を保有する「第4高射群」、航空機やミサイル等の航空装備品等の各種試験を行う、航空自衛隊唯一の部隊である「飛行開発実験団」、航空機部品等の調達・補給等を行い、航空機の運用を支援する「第2補給処」等が所在しており、それぞれの部隊は、変化の激しい安全保障環境に的確に対応すべく、日々職務に精励しています。

 基地の任務遂行や行事の開催等に際しては、令和4年も新型コロナウイルスの影響により、各種制約を余儀なくされる状況がしばらく継続すると思われます。しかし、進取の気概と旺盛なチャレンジ精神をもって、良き伝統を継承しつつこれからの時代に適合した新たなやり方等を創造し、ポストコロナにおける環境の変化にも柔軟に対応できるよう準備をしっかりと整え、未来に向かって前進していきたいと考えています。

 今後とも、地域の皆様、国民の皆様の期待と信頼に応え、岐阜基地が明るく逞しく地域とともに進化し続けられるよう、日々精進し隊員一丸となって各種任務を果たして参りますので、引き続きご支援とご協力の程よろしくお願いいたします。



令和4年2月
航空自衛隊 岐阜基地司令
空将補 藤永 国博