第2輸送航空隊の任務

ホーム > 第2輸送航空隊について > 隊司令より


1.輸送機による人員及び装備品の空中輸送

入間基地を拠点として日本全国の航空基地等に人員や物資の輸送を行っています。使用している航空機はC-1型輸送機とU-4型多用途機の2機種です。通常の、国内における定期、特別便運航の他に、国賓やVIPの輸送、国際貢献任務の一環としての人員や物資の輸送に伴う国外運航、災害発生時の救援物資や急患の輸送も担任しています。

防災訓練での患者空輸訓練

首相空輸

2.陸上自衛隊に対する協力

陸上自衛隊空挺部隊が行う落下傘降下や物量投下の支援も行います。降下目標点に確実に人員や装備を降下させるには、輸送機側にも高度な技量が必要です。

陸上自衛隊空挺降下

3.U-4型機の乗組員及び整備員としての教育訓練

航空自衛隊で最初にU-4型機が導入された部隊であるため、当該航空機の乗員や整備員の教育訓練を担当しています。

教育講堂においての授業風景

4.航空総隊司令部飛行隊及び飛行点検隊が使用する大型機の基地整備

 2輸空隊は、自隊で使用する航空機の他、入間基地に所在する他の航空機保有部隊が使用している大型機(U-4型機、YS-11型機、EC-1型機等)の整備についても担当しています。

他の基地においての整備作業