HOME ≫ 予備自衛官

予備自衛官とは

予備自衛官は、非常勤の特別職国家公務員として、普段はそれぞれの職業に従事しつつ、いざという時は予備自衛官として必要とされる知識・技能を維持するため、年間5日間(自衛官退職後1年未満に出身自衛隊に採用された者の初年度は1日間)の訓練招集に応じます。自衛官になって、駐屯地警備等避難住民の救護・誘導・災害救助活動等の任務にあたります。


訓練招集

予備自衛官は、必要とされる練度を維持するため、年間5日間(自衛官退職後1年未満で採用されていることなどの要件を満たす者については、初年のみ1日訓練)の訓練を受けます。仕事の都合等に配慮し、複数の訓練機会を設けているとともに、土日を含む日程に設定されています。

各訓練日程のページへ≫

応募資格

予備自衛官は、自衛官としての勤務経験が1年以上ある者又は予備自衛官に任用されたことがある者で、次のような要件に該当する者から選考により採用します。なお、任用期間は1任期3年で継続任用が可能です。
1. 退職時の階級が2佐以下であること
2. 下表の階級に応ずる年齢未満の者

年齢
(未満)
57歳 56歳 55歳 37歳
階級 2佐 1尉 2曹 士長
2尉
3尉 1士
3佐 准尉 3曹
曹長 2士
1曹


処遇

予備自衛官手当(月額4,000円)、訓練招集手当(日額8,100円)が支給されます。なお、旅費・食事は支給され、訓練招集期間中の公務災害については、自衛官と同様の災害補償を受けられます。



Pagetop

↑ PAGE TOP