トップページ呉地方隊について→呉地方総監 挨拶

呉地方総監 挨拶

呉地方総監
海将 杉本 孝幸(すぎもと たかゆき)

呉地方総監 海将 杉本 孝幸
 謹んで新年のお喜びを申し上げます。

 また、年の押し迫る昨年12月20日に、航空集団司令官から呉地方総監として着任いたしましたことのご挨拶を、この場をお借りしてさせて頂きます。
 「平成」最後のお正月となりますが、決して寂しいものではなく、清々しく輝かしい終わりの始まりです。
 歴史の節目でもある、「平成最後の年」であり、「新しい歴史の始まる年」でもあるこの年に、明治22年に海軍呉鎮守府が設置されてから130年という歴史のあるここ呉の地に、総監として着任させて頂くことに、喜びと光栄を感じずにいられません。
 さて、昨年の「平成30年7月豪雨」においては、多くの被害がありました。土砂の流入等により道路が寸断され、孤立した地域に対する沿岸部からのアプローチにより、行方不明者捜索や給水支援を行うなど、海上自衛隊だからこそ可能な支援を含む多くの教訓を得ることができました。
 本災害における呉市民の方々からの「海上自衛隊のいる呉市民で良かった。」と言う率直な感想に表れているように、市民の皆様からの信頼を一層高めるものであったと確信しております。これは、酷暑という厳しい環境の中にもかかわらず、呉地方隊と呉在籍部隊の隊員が、自らも被災者と言える状況において、懸命に被災者の方々のために災害派遣活動に従事し、被災者の気持ちを第一に考え、市民に寄り添って活動したからに違いありません。
 呉海軍鎮守府開庁130年の節目も迎える今この年の始めにあたり、国民に寄り添い、県民に寄り添い、海軍の伝統を継承する呉の、市民に寄り添い、皆様の信頼に全力で応える所存ですので、なお一層のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、年頭のご挨拶といたします。



                                       平成31年 新春
                                        呉地方総監 海将 杉本孝幸



  着任時のご挨拶はこちら



プロフィール
出      身
青森県
前   配   置
航空集団司令官
 
ページトップ