トップページ第5護衛隊→あきづき

あきづき

「あきづき」ご紹介

基準排水量 5000t
全長 151m
全幅 18.3m
喫水 5.4m
主機械 ガスタービン4基2軸
馬力 64000PS
速力 30kt
主要兵装 54口径127o単装速射砲
  垂直発射装置一式
  高性能20o機関砲×2
  3連装短魚雷発射管×2
  SSM装置一式
  哨戒ヘリコプター×1
定員 200名

艦長ご挨拶

<2等海佐 石井 和徳>


 平成28年12月20日に第4代「あきづき」艦長を拝命した石井です。
 「あきづき」は、帝國海軍の駆逐艦「秋月」にその名を冠して以来、先代の護衛艦「あきづき」を経て、常にネームシップ、1番艦として、その栄えある艦名を継承した艦であり国産の最新技術を結集した最新鋭の汎用護衛艦です。
 艦長就任にあたり、「忠実」をスローガンに揚げました。乗員一人一人が与えられた職務を「忠実」に遂行し、この艦のオーナーである国民の皆様の期待や思いに「忠実」に応えられる「あきづき」であるよう、乗員一丸となり不断の努力を重ねてまいります。引き続き、ご理解、ご支援を賜りますようお願い申しあげます。

先任伍長ご挨拶

<先任伍長 海曹長 武富 伸次>


 本艦、平成24年3月に就役し、5年目を迎えました。その間、諸訓練、広報及び諸任務等実施してきました。今後も多種多様な諸訓練等が控えておりますが、乗員が明るく楽しく勤務できる環境作りに努力していきたいと思います。

ページトップ