防衛省・自衛隊の人員構成

1 防衛省職員の内訳

(2015.3.31現在の定員)
(出典 防衛白書(平成27年版))

防衛省職員
特別職 一般職
防衛大臣
防衛副大臣
防衛大臣政務官(2人)
防衛大臣補佐官
防衛大臣政策参与(3人以内)
定員内 定員外 定員内 定員外
防衛大臣秘書官   事務官等29人 非常勤職員
自衛隊の隊員
防衛事務次官 自衛官候補生
防衛審議官 予備自衛官47,900人
書記官等660人 即応予備自衛官8,175人
事務官等20,586人 予備自衛官補4,600人
自衛官247,160人 防衛大学校学生
  防衛医科大学校学生
陸上自衛隊高等工科学校生徒
非常勤職員
(注)1
定員数は法令上の定員
(注)
平成26年5月30日に国家公務員法等の一部を改正する法律(平成26年法律第22号)が施行され、防衛大臣補佐官は防衛大臣政策参与へ改称され、各府省共通の官職として、大臣補佐官(特に必要がある場合に1人)が新設された。
(注)
平成26年6月13日に交付された防衛省設置法等の一部を改正する法律(平成26年法律第65号)により、防衛省に防衛審議官1人を置くこととされた。

 防衛省の職員のほとんどは自衛隊の隊員でもあります。(防衛省職員>自衛隊の隊員>自衛官)

 書記官等は、書記官、部員です。

 事務官等には、事務官、技官、教官などが含まれます。

 一般職に当たる事務官等は、地方協力局労務管理課の職員です。

2 自衛官の定員及び現員

(2015.3.31 現在)
(出典 防衛白書(平成27年版))

区分 陸上自衛隊 海上自衛隊 航空自衛隊 統合幕僚監部等 合計
定員 151,023 45,494 47,073 3,570 247,160
現員 138,168 42,209 43,099 3,266 226,742
充足率(%) 91.5 92.8 91.6 91.5 91.7
 
区分 非任期制自衛官 任期制自衛官
幹部 准尉
定員 45,396 4,877 140,461 56,426
現員 42,544
(2,046)
4,517
(28)
137,603
(7,276)
19,370
(1,183)
22,708
(2,425)
充足率(%) 93.7 92.6 98.0 74.6

(注)1 現員の( )は女子で内数
2 定員は予算定員

 幹部は、3尉以上の自衛官で部隊の指揮官等として、自衛隊の隊務の根幹を担います。

 准尉は、曹長の階級から昇進した者がなる高度な専門職的階級で、幹部に準ずる隊務を担います。試験により幹部になることができます。

 曹は、特技域・職域専門の技術者等として、自衛隊の隊務の中堅を担います。4年以降試験により幹部になることができます。

 非任期制の士は、技術者等の見習いとして隊務を担います。一般曹候補生は2年9月以降選抜で、曹になります。

 任期制の士(自衛官候補生として、3月間の教育訓練を経て自衛官となった者)は、陸1年9月、海空2年9月を1任期として隊務を担います。希望者は選抜で任期を2年延長することができます。また、試験により曹になることができます。

ページの先頭へ戻る