ホーム > 予備自衛官制度 > 即応予備自衛官とは > 即応予備自衛官の訓練

即応予備自衛官の訓練SDF Ready Reserve Training

出張訓練について

陸上自衛隊では、即応予備自衛官が訓練に参加しやすいように、訓練実施部隊(現職自衛官)が即応予備自衛官が出頭する最寄りの駐屯地に出向いて訓練を実施(出張訓練)しています。
即応予備自衛官は、出頭しやすい駐屯地へ出頭して訓練に応じます。

訓練内容と訓練形態

区分 主な訓練内容 必要日数 訓練形態
個人としての訓練 Aタイプ 精神教育、野外勤務等 2日 2日
Bタイプ 小火器射撃、基本教練等 6日 2日
2日
2日
Cタイプ 特技訓練等 8日 2日
2日
2日
2日
部隊訓練 Dタイプ 班レベルの部隊訓練 4日 4日
Eタイプ 小隊レベルの部隊訓練 6日 3日
3日
Fタイプ 中隊レベルの部隊訓練 4日 4日
合計 30日

訓練パターンB(一例)

出頭訓練日程の調整要領

訓練の日程については、即応予備自衛官の訓練出頭の可能性を配慮し、訓練計画をできるだけ早期にお知らせして訓練日を選択できるようにしています。

出頭訓練日程の調整要領

招集訓練日程を決める際に留意している点は?

  • 企業等の勤務形態にできる限り配慮しています。
  • 年間及び3ヶ月毎の訓練計画を早期に通知して事前に調整します。
  • 複数の訓練パターンから選択できます。
  • 土、日曜日を主体に参加できます。