ホーム > 予備自衛官制度 > 即応予備自衛官とは > 即応予備自衛官の処遇

即応予備自衛官の処遇SDF Reserve ReadyTreatment

年間総額 平均約60万円

即応予備自衛官手当

月額:16,000円

即応予備自衛官としての手当が支給されます。

訓練招集手当

日額:14,200円(2尉)~10,400円(1士)

訓練招集に応じると各階級に応じて手当が支給されます。

勤続報奨金

1任期:120,000円

1任期(3年)良好な成績で勤務した場合には、報奨金が支給されます。

被服及び食事

訓練招集期間中に必要な被服等は貸与され、食事も支給されます。

訓練招集旅費

訓練参加のための往復旅費が支給されます。

災害補償

公務に起因する災害(負傷、疾病、障害、死亡)については、現職の自衛官と同様、本人又はその遺族に対し、補償を行います。

永年勤続者表彰

即応予備自衛官として永年(5年、10年、20年、30年)勤務した者は表彰されます。

防衛招集等により自衛官となった場合は、自衛官の給料が支給されます。