トップスライドショー
ホーム 旅団の活動 イベント情報 訓練紹介 駐屯地・部隊 リンク ご利用規約 お問い合わせ

 美幌駐屯地の歩み

 美幌駐屯地の歩み
 美幌駐屯地は、北海道の東部オホーツク海沿岸から30㌔余りの内陸部に位置し、北方の重要性から昭和15年10月、美幌町内の田中地区に、美幌海軍航空隊として開隊されました。
 太平洋戦争開戦直後の昭和16年12月10日のマレー沖海戦において美幌海軍航空隊は、英国が不沈戦艦と誇っていた「プリンス・オブ・ウェールズ」、「レパルス」2艦を撃沈させる輝かしい戦果を挙げました。
 昭和17年11月に第701航空隊と改称された美幌海軍航空隊は、昭和18年3月にブナカナウ基地で解隊し、その後美幌基地には北東海軍航空隊の第51航空戦隊司令部などが移駐して北辺の護りについておりましたが、昭和20年8月に終戦を迎え、進駐した連合軍により飛行場施設の破壊作業が開始され、滑走路・エプロンの機能は失われ、兵舎のみが辛うじて基地の面影を残しております。
 そして昭和25年、一部の建物は国立療養所として開設された頃、時を同じくして警察予備隊が発足。地元美幌町の全町あげての誘致活動により、昭和26年3月その先陣が真駒内・千歳・札幌からそれぞれ美幌に移駐、4月8日をもって美幌駐とん地が開設され、第62連隊、第2施設大隊及び第2偵察中隊が美幌部隊としての第1歩を踏み出しました。
 昭和27年、警察予備隊は保安隊に改称、第6連隊が創設され、昭和29年6月、第62連隊第3大隊は第2特科連隊第3大隊に、第6連隊は第6普通科連隊に改称、また同年7月に陸海空自衛隊が発足し、美幌部隊は陸上自衛隊美幌駐屯地となりました。
 同年9月、第2特科連隊第3大隊と第6普通科連隊は、第5管区(現在の第5旅団)の隷下部隊となり、第2特科大隊は第5特科連隊第3大隊に改称され、昭和33年12月、第306地区施設隊が帯広で創立し美幌に移駐、昭和37年、第5管区から第5師団への改編に伴い、第6普通科連隊は4個普通科中隊編成、第5特科連隊第3大隊は3個中隊編成となり、同年7月に第1特科団(北千歳)隷下の第105特科大隊が東千歳から移駐、7年後の昭和44年に北千歳に引き揚げ、替わって滝川から第101特科大隊が新たに駐屯しました。  
 昭和63年、第306地区施設隊は、道東地域における部外工事160件達成という栄光とともに30年間に及ぶ歴史を終え廃止され、平成16年、第5師団の旅団化改編に伴い、第5特科連隊第3大隊は廃止となり、53年の輝かしい歴史に幕を閉じた。また、第6普通科連隊重迫撃砲中隊が改編され、本部管理中隊重迫撃砲小隊となり、更に平成23年の新たな体制への移行に伴い、第6普通科連隊第4中隊が廃止となり、3個普通科中隊編成となりました。
 現在、第6普通科連隊、第101特科大隊、駐屯地業務隊、第375会計隊、第5後方支援隊第2整備中隊第2普通科直接支援小隊、第101特科直接支援大隊第1中隊第1直接支援小隊、第121地区警務隊美幌派遣隊、第302基地通信中隊美幌派遣隊、帯広地方協力本部道東地域援護センター美幌分室の9個部隊が所在し、約750名の隊員が所属しております。
 同駐屯地は、オホーツク沿岸の2市8町を担当隊区として、地域の人達から慕われている駐屯地となっています。
 主な部外協力としては、オホーツクの雄大な風景を望みながらのサロマ湖100㌔ウルトラマラソン、オホーツクサイクリング、オホーツク網走マラソン他、近隣で行われているビホロ100㌔デュアスロン大会等各種行事等で運営支援を行っております。     
 平成23年の東日本大震災におきましては、駐屯地から約470名の隊員が主に宮城県石巻市へ派遣され、行方不明者の捜索や生活物資の輸送等の支援活動を行いました。
 また、国際平和協力活動として駐屯地から南スーダン派遣施設隊(第6次要員)約120名の隊員が派遣され、無事に国連南スーダンミッションを完遂し帰国しました。
 今後も美幌駐屯地は地域住民の御支援、御協力のもと国民及び地域住民への信頼を醸成するとともに、道東防衛の任務に邁進していく所存です。

昭和19年当時の本部庁舎

現在の本部隊舎

現在の駐屯地正門

戻る


このページは、第5旅団司令部総務課広報班で管理しております。