人材情報


退職自衛官採用のご案内~企業の皆様へ


「退職自衛官の再就職のための取り組み」

 自衛隊は、精強性を維持するため、若年定年制及び任期制を採用しています。定年制は50歳半ば(生年月日が退職日)で、任期制は20歳代半ば~30歳代前半(3月末又は8月末で任期満了退職)で退職の時期を迎えます。 そのため、新田原基地では、宮崎県及び鹿児島県にて再就職を希望する退職自衛官(定年退職自衛官、任期制自衛官)の再就職の支援を実施しています。退職を迎える年間の人数規模は、約100名(定年退職自衛官約50~80名、任期制自衛官約20~30名)です。

「退職自衛官の資質」

 自衛隊の様々な任務を遂行するため、日々、職務及び訓練に励み、心身を鍛えています。特に航空自衛隊においては、航空機をはじめとする様々な装備品を運用・整備しており、隊員は、それぞれの職種に応じた高度な知識、技能を保有しています。また、自衛隊生活で培った強い「責任感」及び「協調性」、階級に応じた「指導力」と「実行力」を併せ持っており、雇用企業様等から高い評価を受けています。

「資格・免許」

 隊員は、職務を遂行する上で必要な様々な資格、技能、免許を取得しています。資格・免許の代表的な例は、次のとおりです。

第2種電気工事士、介護事務、介護職員初任者研修、医療事務、宅地建物取引主任者、2級ボイラー技士、危険物取扱者(乙種4類)、ビル管理技術者、消防設備士、大型自動車(1種、2種)、フォークリフト技能講習、車両系建設機械(整地等)技能講習、牽引自動車、小型移動式クレーン技能講習など

 

「ご紹介から採用決定までの流れ」

求人情報を 新田原基地援護室 へご連絡ください。

担当者と仕事内容、採用時期、処遇等を調整(求人票)

御社が希望される退職予定隊員をご紹介

面接、試験

採用決定

 ご紹介にあたっては、パート、バイトは対象外で、社会保険を完備している企業様等のみとさせていただいております。 退職予定隊員の紹介業務は、厚生労働大臣の許可を得て、無料で行っています。このため、紹介手数料及びこれに類する費用等を徴収することは一切ありません。 航空幕僚監部援護業務課 のホームページも併せてご覧ください。

新田原基地援護室

お問合せ先: 航空自衛隊 第5航空団司令部 新田原基地援護室 
〒889-1492 宮崎県児湯郡新富町大字新田19581
電話:0983-35-1121  内線5670 

人材情報