南関東防衛局ホームページ
| アクセス | サイトマップ |
HOME局の概要取組広報・イベント入札調達情報各種申請採用情報
HOMETOPICS一覧
  TOPICS

横須賀市の再編交付金による「救急医療センター」整備事業
(福祉の増進及び医療の確保に関する事業)
  再編交付金を活用して平成24年12月から新築移転工事が進められていた「横須賀市緊急医療センター」は平成26年2月に竣工し、同年3月29日、地元医療関係者等が多数出席する中落成式典が行われ、4月1日より診療が開始されました。
   
【横須賀緊急医療センター全景】   【再編交付金による事業を示すプレート】
     
  本救急医療センターは、旧センターが老朽化し手狭となり、患者のニーズ等に対応できなくなっていたため横須賀市三春町から新港町に新築移転したものです。これにより診察室、待合室及び駐車場等が広くなり、また、医師会館を併設することで、災害医療の拠点としての緊急時の即応医療体制が強化されることから、緊急医療及び災害医療の適切な対処が期待されます。
落成式典でのテープカット
(写真左から)
丸井南関東防衛局長
板橋横須賀市議会議長
古屋衆議院議員
小泉衆議院議員
吉田横須賀市長
遠藤横須賀医師会会長
横倉日本医師会会長
大久保神奈川県医師会会長
高宮救急医療センター長
 
    防衛省による再編交付金とは、在日米軍の再編に当たり、その周辺地域における住民の生活の安定に及ぼす影響に配慮することが必要と認められ指定された防衛施設の周辺市町村(再編関連市町村として指定された市町村)に対し、公共用施設の整備その他の住民の生活の利便性の向上及び産業の振興に寄与する事業に係る経費に充てるため、交付するものです。   


南関東防衛局
〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5-57 第二合同庁舎
アクセスマップ
Copyright (C) 2013 all reserved by South Kanto Defense Bureau