沖縄防衛局
サイトマップ
Loading
トップページ  沖縄防衛局について  業務案内  沖縄に関する特別行動委員会(SACO)最終報告

沖縄に関する特別行動委員会(SACO)最終報告

 SACO最終報告は、土地の返還、訓練の改善、騒音の軽減及び地位協定の運用改善からなり、土地の返還については、4事案の返還が実現、残る事案についても地元の了解が得られるなど進捗しており、土地の返還以外の案件についても、そのほとんどが実現しています。

土地の返還
 普天間飛行場等11施設・区域5,000haの返還について、楚辺通信所、
読谷補助飛行場、瀬名波通信施設、安波訓練場が返還されました。

訓練の改善
 キャンプ・ハンセンで行われていた県道104号線を封鎖しての実弾射撃訓練は、現在、本土演習場で分散実施されています。  また、読谷補助飛行場で実施されていたパラシュート降下訓練は、伊江島補助飛行場において実施されています。

騒音の軽減
 嘉手納飛行場において、米軍機の航空機騒音軽減のため遮音壁が設置されました。住宅地に近い海軍駐機場は移転することが合意されており、現在、移転先のおける施設整備に係る基本検討などを実施しています。

地位協定の運用改善
 米軍人などが所有する私有車両の交通事故に対する十分な補償への県民の不安感を払拭するため、米軍人、軍属及びその家族に対し、任意自動車保険の加入が義務付けられました。
 また、米側当局による請求の最終的な裁定がなされる前に日本側当局が必要に応じ、請求者に対し無利子の融資を提供することができることなどの制度が創設されました。

 

 

 

 

 

 

 

<< 戻る

ページ先頭へ