■HOME ■リンク集 ■アクセス ■サイトマップ
本文へスキップ

北関東防衛局は「防衛省」の地方支分部局で、東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、新潟県、長野県の1都7県を管轄しています。

HOMEイベント・活動防衛問題セミナー第37回防衛問題セミナー

第37回防衛問題セミナー

「大規模災害への備え~地域の防災対策と自衛隊の活動~」

 北関東防衛局は、11月10日(木)、アミュゼ柏(千葉県柏市)において第37回防衛問題セミナーを開催し、約250名が来場されました。
 
 今回のセミナーは、首都圏である千葉県の北西部に位置し、人口40万人を抱える中核都市である柏市において、地域防災の取組の重要性及び大規模災害への自衛隊の活動等について、柏市職員及び地域住民等に理解を深めていただくことを目的として「大規模災害への備え~地域の防災対策と自衛隊の活動~」のテーマで開催しました。このセミナーの開催に当たり、柏市が共催、千葉県、陸上自衛隊第1空挺団及び自衛隊千葉地方協力本部の後援をいただいています。
 
 セミナーは、最初に主催者、共催者等が挨拶を行った後、第1部では防災システム研究所所長の山村武彦氏が「最近の災害に学ぶ、命と地域を守る準備と行動」をテーマに講演しました。
 第2部では、陸上自衛隊第1空挺団副団長濱本博文1等陸佐が「大規模災害への自衛隊の取組」をテーマに講演しました。

 参加者からは「自らが災害を最小限にする日頃の心がけが大切だと思った。」、「災害が起きたときに自衛隊が短時間で対応できる態勢を整えていることに感心した。」などの感想が寄せられました。
 

第37回防衛問題セミナー議事録



北関東防衛局 平井局長挨拶 柏市 石黒副市長挨拶
自衛隊千葉地方協力本部 時久本部長挨拶 山村講師による講演
濱本副団長による講演 質疑応答の様子