予備自衛官補とは
本部直通
076-441-3271
予備自衛官制度HP予備自衛官補HPもご参考ください。
自衛官未経験者(自衛官であった期間が1年未満の者も含む。)
【教育訓練日数】
一般:50日/3年以内
技能:10日/2年以内
【支給総額(税込)】
一般:395,000円/3年
技能:79,000円/2年
【教育訓練招集手当】
日額:7,900円
教育訓練に応じると手当てが支給されます。
【被服及び食事】
教育訓練招集期間中に必要な被服等は貸与され、食事も支給されます。
【訓練招集旅費】
教育訓練参加のための往復旅費が支給されます。
【災害補償】
公務に起因する災害(負傷、疾病、障害、死亡)については、現職の自衛官と
同様、本人又はその遺族に対し、補償を行います。
4.処遇等
※ 技能については、コチラでご確認下さい。
募集要領
【予備自衛官補とは】 
  自衛官未経験者を予備自衛官補として採用し、所要の教育訓練を経た後、予備自
 衛官として任用する制度です。国民に広く自衛隊に接する機会を設け、防衛基盤の
 育成・拡大を図るとの視点に立って、将来にわたり、予備自衛官の勢力を安定的に
 確保し、更に情報通信技術(IT)革命や自衛隊の役割の多様化等を受け、民間の優
 れた専門技能を有効に活用し得るよう、予備自衛官制度へ公募制(予備自衛官補制
 度)を導入しました。

【制度の概要】  
 1 希望者を、試験等により予備自衛官補として採用し、所定の教育訓練終了後、
  予備自衛官として任用します。
 2 予備自衛官補の期間中は、教育訓練に応じる義務のみを有します。防衛招集、
  国民保護等招集及び災害招集への応招義務は有りません。
 3 一般(後方地域での警備要員や後方支援等を実施する予備自衛官になるコース
  です。)と技能(後方地域での医療従事者、語学要員等の予備自衛官になるコー
  スです。)があります。
2.応募資格
〒930-0856
富山県富山市牛島新町6-24

自衛隊富山地方協力本部
1.対象者
自衛隊富山地方協力本部トップ
【一般】
18歳以上34歳未満
自衛官になるには
資料請求 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | サイトマップ
平成31年度自衛官等募集案内

【技能】
18歳以上で、保有する技能に応じ53~55歳未満
自衛隊を体験する
© 2008 JAPAN SELF DEFFENSE FORCE Toyama Provincial Cooperation Office Allrights reserved
予備自衛官関連
3.採用について
・ 本人の志願に基づき、選考により採用します。
・ 階級等の指定はありません。
予備自衛官とは
即応予備自衛官とは
予備自衛官補とは
予備自衛官の方へ(訓練日程)
企業の皆様へ
富山地本について