本文へスキップ

防衛省自衛隊栃木地方協力本部

TEL. 028-634-3385

〒320-0043 栃木県宇都宮市桜5−1−13


本部長の部屋


自衛隊栃木地方協力本部長 1等陸佐 諸石 正弘(もろいし まさひろ)
【第1級賞状の受賞報告と自衛官等募集のお願い】
  当ホームページをご覧の皆様、こんにちは。平素から防衛省・自衛隊に対する深いご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

 まずは皆様にご報告があります。この度、自衛隊栃木地方協力本部は平成30年度の自衛官等募集、隊員の就職援護及び予備自衛官等管理の業績により防衛大臣から第1級賞状を授与される栄誉に輝くことが出来ました。平成29年度に引き続き第1級賞状の連続受賞は、ひとえに皆様の自衛隊に対する温かなご支援とご協力の賜物であり、重ねて厚く御礼申し上げます。
 自衛隊栃木地方協力本部は、2年連続第1級賞状受賞地本としての誇りと自信を胸に、これからも県民の皆様方のお力添えをいただきながら任務を完遂し続ける覚悟でおりますので、今後とも変わらぬご理解とご協力のほど宜しくお願いします。

 次に、自衛官等募集のお願いです。7月1日から高校生に対する採用業務が開始されております。我々は『平和を仕事にする』職業、自衛官等を募集しています。(現在は、特に9月6日志願〆切の一般曹候補生と年間を通じて志願受付中の自衛官候補生!)
 皆様は、自衛隊の仕事を知っていますか?自衛隊は数ある仕事の中でも「国の平和と独立を守る。」「国際社会の平和に貢献する。」から「地域・社会に貢献する。」「家族を守る。」まで『誇り』をもって仕事ができます。
 また自衛隊には多様な働き方(コース)、多くの職種・職域があり、自分の興味や得意分野を活かしながら『将来の自分を実現できる様々なフィールド』が広がっています。
 更には自衛隊員は特別職国家公務員としての身分が保障されていて、給与、保険など安定した処遇・福利厚生のもと『目標へ向かって邁進』することができます。
 今現在、何をやりたいのか?はっきりしないけれど、とりあえず何かに打ち込んでみたい若者も大歓迎です。
 お気軽にお電話や直接訪問でも構いません。一度話を聞いてみませんか?


         令和元年7月吉日

            自衛隊栃木地方協力本部長   諸石  正弘



              岩屋防衛大臣から直接頂きました!
                  (チョー緊張!)




         県知事への報告:昨年、福田知事からV2を依頼されました(汗)
                (実現できて、ほっと一安心!)





【プロフィール】
昭和40年11月7日生(佐賀県武雄市出身)
防衛大学校(第32期生)

【主要勤務歴】
平成 1年3月 : 第12特科連隊        (栃木県宇都宮市)
平成 3年3月 : 第12高射特科大隊      (栃木県宇都宮市)
平成 8年3月 : 高射学校           (千葉県千葉市)
平成 9年8月 : 幹部学校付(指揮幕僚課程学生)(東京都目黒区)
平成11年8月 : 第6師団司令部防衛班長    (山形県東根市)
平成14年3月 : 陸上幕僚監部援護業務課    (東京都新宿区)
平成16年3月 : 第11高射特科大隊長     (北海道札幌市)
平成17年8月 : 幹部学校教官         (東京都目黒区)
平成19年9月 : 西部方面総監部情報第1班長  (熊本県熊本市)
平成21年8月 : 幹部学校教官         (東京都目黒区)
平成22年4月 : 東北方面総監部募集課長    (宮城県仙台市)
平成25年4月 : 研究本部研究員        (埼玉県朝霞市)
平成25年8月 : 高射学校主任教官       (千葉県千葉市)
平成28年3月 : 第5高射特科群長       (青森県八戸市)
平成30年3月 : 教育訓練研究本部主任教官   (東京都目黒区)
平成30年8月 : 現職



【過去の記事】
・過去の記事

自衛隊栃木地方協力本部

〒320-0043
栃木県宇都宮市桜5−1−13

TEL 028-634-3385
FAX 028-634-3387
MAIL:adm1-tochigi@pco.mod.go.jp