静岡地方協力本部 本部長紹介

杉谷1等空佐 静岡地方協力本部

杉谷 康征(すぎたに こうせい)

階級:1等空佐

出身県:熊本県

  • 平成 7年 4月 幹部候補生学校
  • 平成 7年 9月・第3高射群 第10高射隊千歳
  • 平成12年 3月・第5高射群 第19高射隊恩納
  • 平成15年 4月・高射教導隊 隊本部浜松
  • 平成18年 3月・中部航空方面隊司令部 防衛部運用課入間
  • 平成20年 4月・航空幕僚監部 防衛部装備体系課市ヶ谷
  • 平成22年 4月・第3高射群 第11高射隊長 兼ねて長沼分屯基地司令長沼
  • 平成23年 8月・航空幕僚監部人事教育部 援護業務課市ヶ谷
  • 平成25年 8月・統合幕僚監部運用部 運用第1課市ヶ谷
  • 平成28年 8月・航空幕僚監部防衛部 装備体系課 装備体系第2班長市ヶ谷
  • 平成30年 5月・中部航空警戒管制団 基地業務群司令入間
  • 令和 2年 6月・自衛隊静岡地方協力本部長(現職)静岡


着任の挨拶

令和2年6月


 はじめまして。令和2年6月17日付をもちまして、第34代静岡地方協力本部長を拝命しました杉谷です。

 生まれは熊本県八代郡で、畳表となるい草の生産が盛んなところです。西武ライオンズ等で活躍された秋山幸二さんの出身地でもあります。私自身も小学生の頃から野球部に所属し、暗くなるまで泥だらけになりながら、白球を追いかけていました。高校卒業後は、熊本を離れ、防衛大学校で自衛官としての道を歩み始め、現在に至るまで、北は北海道から南は沖縄まで様々な場所で勤務させて頂きました。

ここ静岡県での勤務は2度目になります。1度目は、今から15年ほど前、航空自衛隊浜松基地での勤務でした。当時は家族帯同でしたが、今回は、単身赴任となりましたので、時間を見つけて、静岡の自然と文化に触れるとともに、海産物をはじめとする地元の料理を食べ歩きしたいと考えています。

 前職は中部航空警戒管制団基地業務群司令として、航空自衛隊最大の部隊及び隊員数を擁する入間基地において後方支援業務を担当していました。最近は毎年のように大規模な災害が発生し、その都度、災害派遣を実施していますが、入間基地は人員及び物資の輸送拠点となるため、各隊員は昼夜を分かたずその活動に従事していました。また、昨年末から全世界に蔓延している新型コロナウィルス感染症に対しても感染拡大防止や水際対策のための活動を行ってきました。

 派遣された隊員の中には、若い隊員も含まれていましたが、高い使命感をもって整斉と任務を遂行していました。私たち地方協力本部は自衛隊の魅力を伝え、このような隊員に続く後輩たちを募集することを主な業務としています。本部長として、その業務の重要性を認識し、自ら職員の先頭に立って業務に邁進していく決意です。

 皆様におかれましては、引き続き地方協力本部に対しまして、ご支援ご協力を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

令和2年6月 本部長杉谷1空佐


防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp