自衛隊について(陸・海・空自衛隊の任務)

自衛隊の役割


陸上自衛隊とは
陸上自衛隊
海上自衛隊とは
海上自衛隊
航空自衛隊とは
航空自衛隊
自衛隊の任務

 自衛隊は、わが国の防衛を主たる任務とし、わが国に対する侵略事態に備えるための体制を整備しています。

 また、不審船・武装工作員などによる活動、核・生物・化学兵器によるテロなど、必ずしも防衛出動に至らない場合であっても、わが国の平和と安全に重要な影響を与える事態や大規模な災害などに対しては、関連機関と連携し、迅速かつ的確に対処し得るような即応態勢を維持・向上させています。

【その他の任務】

●災害発生時の救急医療、防疫 ●離島からの救急患者輸送 ●遭難者救助 ●不発弾処理 ●機雷除去 ●総理大臣・国賓の政府専用機での輸送●南極観測隊員及び物資の輸送 ●土木工事 ●教育訓練の受託 ●国際的運行事への協力 ●在外邦人の輸送 ●国家的行事での礼式


陸上自衛隊

陸自画像

 陸上自衛隊は、わが国の平和と安全を保つため、常に国民の皆さんの近くにあって、「わが国に対する外国の侵略を未然に防止するとともに、万一侵略があった場合に対処する」ことを中心的な役割としています。

 さらに、「大規模災害など各種の事態への対応」や「国連平和維持活動参加」など、さまざまな分野で任務を果たしています。


海上自衛隊

海自画像 日本は、国民の生存基盤のほとんどを海外に依存しています。海上自衛隊は、このような特殊な事情をふまえ、海上からの侵略に対しわが国土を防衛するとともに、周辺海域での海上交通の安全を確保することを主な任務としています。

 また、災害時の物資の補給や艦船を利用した電源供給、国連平和維持活動でも燃料や人員の輸送などに活躍しています。


航空自衛隊

空自画像 航空自衛隊は、平素から常時警戒監視を行い、敵の航空攻撃に即応して国土からできる限り遠方の空域で迎え撃ち、航空攻撃が継続できないようにして、国民と国土の被害を未然に防ぐことを主な任務としています。

 また、災害発生時における捜索、救助などのほか、国際平和協力業務及び国際緊急援助活動時における航空機による人員や物資の輸送などを行っています。


陸・海・空自衛隊HPへのリンク

防衛省・自衛隊 陸上自衛隊 海上自衛隊
航空自衛隊 キッズサイト

 

▲ TOP