滋賀地本本部長



1等陸佐 淺田 健(あさだ けん)



【プロフィール】
 大阪府出身
 防衛大学校 第37期生

【主要勤務歴】
・第27普通科連隊中隊長(別海)
・陸上幕僚監部監理部(市ヶ谷)
・陸上幕僚監部教育訓練部(市ヶ谷)
・外務事務官(防衛駐在官)(パキスタン)
・中央即応集団報道官(座間)
・第40普通科連隊長(小倉)
・富士学校普通科部教育課長(富士)

ご挨拶

  女性看護師

 11月25日は昭和45年に作家三島由紀夫が、市ヶ谷駐屯地で自衛官らに檄を飛ばして割腹自殺したことで知られた日で、元1号館(現記念館)に事件当時の刀の傷跡が残っており見学可能です。

 さて本題、昭和27年のこの日、当時横須賀市久里浜にあった保安隊(自衛隊の前身)の衛生学校に看護婦(当時の呼称)として女性が入隊、これが自衛隊における女性採用の始まりでした。

 その後、女性の採用、教育、職務も広がり、現在では入隊者の6人に1人が女性で、女性の採用はさらに拡大される見込みです。

 今年も滋賀県から自衛隊の看護師を目指して防衛医科大学校看護学科を受験されている生徒さんがおられ、その合格、そして自衛官・看護師としての活躍を期待しているところです。


令和4年 11月 25日
自衛隊滋賀地方協力本部長
1等陸佐 淺田 健