自衛隊を知りたい

災害派遣

災害派遣

自衛隊は、自然災害をはじめとする災害の発生時には、地方公共団体などと連携・協力し、被災者や遭難した船舶・航空機の捜索・救助・、水防、医療、防疫、給水、人員や物資の輸送などの様々な活動を行っています。

災害派遣は、都道府県知事などが、災害に際し、防衛大臣又は防衛大臣の指定する者へ部隊などの派遣を要請し、要請を受けた防衛大臣などが、やむを得ない事態と認める場合に派遣することを原則としています。これは、都道府県知事などが、区域内の災害の状況を全般的に把握し、都道府県などの災害救助能力などを考慮したうえで、自衛隊の派遣の要否などを判断するのが最適との考えによるものです。ただし、大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言又は原子力災害対策特別措置法に基づく原子力緊急事態宣言が出されたときは、防衛大臣は、地震災害警戒本部長又は原子力災害対策本部長(内閣総理大臣)の要請に基づき、派遣を命じることができる。また、自衛隊は、災害派遣を迅速に行うための初動対処態勢を整えており、この部隊を「FAST-Force(ファスト・フォース)」と呼んでいます。

災害派遣

①要請の手順
通常は文書で要請
緊急の場合は口頭、電信又は電話(後に文書を提出)

②要請内容
災害の状況、派遣を要請する事由
派遣を希望する期間
派遣を希望する区域、活動内容
その他参考事項

  1. 即応予備自衛官及び予備自衛官の招集は、防衛大臣が、必要に応じて内閣総理大臣の許可を得て行う。
  2. 防衛大臣が即応予備自衛官、予備自衛官の招集を解除すること
ページトップ