音楽ハシゴまつり  (02/09)

どっこいしょ!脚立持つと、庶務二課配属になった気になるエダマメです。どうや
おすすめ物件 ら辰年がやってきたようです。強そうですね。
ご挨拶が遅れましたが、ほ
ん年もよろしくお願いいたします。昇竜拳!

「エダマメ、音楽まつり行く?じゃじゃーん( ´ω`)ノ[チケット]」
という事で、武道館で行われた自衛隊音楽まつりに行ってきました!
ついでに東京観光。おすすめは国会議事堂です。驚きの見学無料!(゜ω゜)
国会議事堂は建物が美術品のよう。係りの人が像、ポスト、壁、柱、絨毯…隅から隅まで説明してくれました。
途中、不動産屋さんに物件案内されている錯覚に陥って「ここに決めます!」って言いかけたけど、 お風呂がセパレートかどうかが聞けなかったのでやめておきました。いやぁ良い物件だったなぁ~!

観光も終え、タイ料理屋でトムヤンクンとビールを飲み、パクチー美味いな、と思って宿へ帰って寝ました。
…ッハ!(゚д゚)
Budoukaaaaaan!! あぁ眠い、時計時計。。。
えーっと、ここから武道館行きって何分の電車だっけ?
うん!15分後の電車だネ!':.*(´ω`)b.:。+

ε≡ε≡ε≡ε≡ヾ(;;´▽`)ツ

電車に飛び乗り、走って武道館へ。
もう始まってるかも…と田安門をくぐると長辰の列!あ、長蛇の列( ´_ゝ`)
荷物検査等で入場に時間がかかり、まだ始まっていないようでした。
私も検査を受けやっとこさ武道館内に入ると、席はもう満席!
通路や階段にも人がいっぱい。いそいそと中に加わりました(´ω`)

自衛隊音楽まつりは自衛隊最大の音楽イベント。
HPでもお知らせしている通り、ドリル演奏が行われます。
…お知らせしましたが、ドリル演奏って…なに?(´ω`;)
ノコギリで演奏する「お~ま~え~は~あ~ほ~か~」みたいな感じ…?(横山ホットブラザース)
分からなかったので、知り合いの先生に聞いてみました。

Wiki○edia先生
ドリルとは、以下の意味を持つ。
・穴をあける、掘るための道具・装置
  ドリル協奏曲『工事現場』。ドドドドドドドドド…  武道館でやるには無理がありそうでし
・霊長目に属する動物。ヒヒの仲間。
  「ヒヒヒ?(ギャラは?)」「えっ」  自衛隊がヒヒに演奏を依頼するとは考えられないでし
・主に学習に使われる問題集のこと。
  バサッペラペララランラカリカリリン♪  何とかいけそうでし
・吹奏楽バンドが行う、曲を演奏しながら、様々な図形を作るように行進する演目のこと。
  マーチングのことかーーーーーーー!!!( ゜д゜ )カッ

誠にすまんかった。

ドリル協奏曲 今年のテーマは『愛、絆、勇気 今を越えて、その先へ』。
つまり、こう言うことだ…(-ω-)

旅行中、道路を見すぎて車酔い。
しかし、いつまでもトイレに篭っている訳には行かない。
抜け出さなければ!いざ、行かん!!!

あなたの人生が、日本の未来が、素晴らしい旅になりますように☆.*゜


ぷっぷくぷー おーっと会場に酔っ払いが紛れ込んできた!と思いきや米軍さん。
縦横無尽に歩いたり回ったり。ちんどん屋みたいで楽しそう(´ω`)
そして歌い手も加わり『世界に1つだけの花』を熱唱!
「セィカイーニ ッヒートォツ ダァーケーノ ハァーナァ♪」
日本語なのにめちゃ発音ええー!\(^o^)/
いや日本の曲だから発音悪いのか?
うーん、どっちにしろエクセレント☆
音楽まつりってドリル演奏とか器楽演奏ばかりだと思ってたんですけど、歌や踊りも盛りだくさんでした。
海自名物の歌のお姉さんはもちろん、男性自衛官が歌った宇宙戦艦ヤマトも迫力満点で大盛り上がり!


お次に紹介しますは自衛太鼓。
戦士達が戻ってきた 自衛太鼓さんかっけー!と思って見ていると、後ろの垂幕が開いて
わらわらわらわらと大太鼓の群れが入場!
「乙事主よ、静まりたまえー!」って言いたくなった。
でっかい太鼓の音は、身体に音が振動として伝わってきました。
そして大小様々な太鼓の音が武道館全体を震わし、
まるで会場全体が1つの楽器になったようでした。大迫力!

ところで…自衛太鼓ってなんぞや?和太鼓と何か違うの??(゜。)
さすがのGo○gle先生もあまり情報を持っていない様子…
岡山地本の 太鼓の達人 自衛太鼓経験者に聞いてみました!

自衛太鼓は各駐屯地等で、いわゆる部のように活動されています。
普段業務はそれぞれに就いているけれど、音楽まつりなどでは招集され、必殺自衛太鼓人に変身!
なんか、『高校生は仮の姿。真の姿は世界のヒーロー!』みたいでカッコイイネ!(´ω`)
自衛太鼓の特徴は、自衛隊らしい統制された動き。
音楽まつりで採用されているのは、自衛太鼓総本山、北海自衛太鼓
自衛太鼓にもいろんな流派があるんですね~。
他の流派との違いは、台を使わず太鼓をベタ置き。
それによって反響が抑えられる分、シャープに打ち込むのだとか!

達人「それと、太鼓は“叩く”のではなく“打つ”んだドン!」
枝豆「確かに打楽器って、“打つ”と言う漢字ですね。どうしてですか?」
達人「それはね、人の心を“打つ”ためドン( ´_ゝ`)キリッ」
枝豆「おーなるほどー!!(>▽<)他には自衛太鼓に特徴とかあるんですか?」
達人「あとは…疲れるドン!!」
もう一度遊べないドン…(´・ω・`)


お次は、防衛大学校の儀仗隊によるファンシードリル。…ぎじょうたい?日本語でおk(´・ω・`)
ファンシーってことは、若くてピチピチな防大生が、フリフリプリティーな服着て踊るとか…??
何それ見たい!けど違う気がする!
分からなかったので、知り合いの翻訳家に再翻訳してもらいました。

翻訳家Yah○o
 防衛大学の公式の武器部隊による装飾的なドリル
翻訳家Go○gle
 防衛大学校を通じてファンシー儀仗隊ドリル
翻訳家Ex○ite
 防衛大学の儀式の腕パーティーによる装飾的なドリル

う、腕パーティー?ちょっと何言ってるかわからないです…。
余計分からなくなったので、再び先生にお願いしました。

腕パーティー Wiki○edia先生
儀仗とは、
 ・儀礼のために用いられる武器・武具のこと。
 ・上記を帯びて元首などの高位者の威儀整飾に任ずる兵員のこと。


…なるほど分からん/(^^)\
豪華な武器・武具着けて偉い人を守り隊!ってとこかな(´ω`)
儀仗隊の皆さん、何十人もがザッザッ!っと整列するだけで圧巻されます。
ぴったり一斉に動くだけでも凄いのに、列になって順番に銃をくるくるくるくる回したりと連係プレイもお見事!
小学校のバトンクラブで、バトンがファニーボーン(肘)に直撃し、悶え苦しんだ記憶が甦りました。

バトンでも難しいのにあんなに軽々とやってのけるなんて…あのモデルガン軽く設計されてるのかなぁ?
と見ていたら、パァンッと空包が!こいつ本物やーーー!!(゜▽゜)
M1ガーランドと言う本物の銃で、重さは約4.3Kgもあるそうです!
本物の銃をいとも簡単に振り回すなんて、相当な練習が必要なんだろうなぁ。
…あれ、ファンシーってなんだっけ?(´・ω・`)

私は音楽まつりを通し、自衛隊から『ファンシーとは何か』と言う問題定義を受け取り、武道館を後にしました。
さすが自衛隊音楽まつり、奥が深いぜ…!
そして市ヶ谷を見て、タイ料理を食べ、パクチー美味いな、と思って帰りました。
コスモ
…おや、我らが先生から一言あるそうです。

Wiki○edia先生
コリアンダー(パクチーから転送)
 独特の風味があるため、人によって好き嫌いが大きく分かれ、
 その風味を嫌う人にはカメムシのような風味であると評される。

別名カメムシソウ、だ、と…?( ゜д゜ )

さてさて、皆様には音楽まつり2011をDVDやYOUTUBEで見ていただいて、
2012は是非とも生で聞いていただき、一体感・音圧あと問題定義を感じていただきたいです(^o^)/
そのためには当選と言う壁がありますが…今を越えて、その先へ!!(^o^)/(^o^)/

フレッシュ中学生 日は変わり、東京発の夜行バスを降りてそのまま岡山地本に突入。
お次は岡山県は真庭、ふれあいコンサートinまにわ!
2件目行くどー(゜▽゜)

この演奏会は、第13音楽隊と中学校吹奏楽部とのコラボ。
コンサートは音楽隊指揮者もノリノリ!客席も手拍子!
真庭も武道館同様、音楽により会場が一体となりました(^^)

ところが窃盗事件が発生。中学生は大変なものを盗んでいきました…。
そう、音楽隊の表現力・テクニックをね!キラーン
中学生の吸収力は侮れない!!彼女達はますます上手に育っていくことでしょう。
音楽隊も中学生のフレッシュな感性に触れ、甘酸っぱい青春時代を思い出したのではないでしょうか(-ω-)
演奏者も互いが互いに刺激され、素晴らしい演奏会になったことと思います。
しかし観客より生徒より、誰よりもこの演奏会を楽しんだのは、「音楽隊の指揮が出来る!」と目を輝かせていた顧問の先生かもしれません( ´_ゝ`)

       岡山ちほんHPへ戻る