本文へスキップ

自衛隊って?そんな疑問にいつでもお答えします♪

お問い合わせ
〒950-8627 新潟市中央区美咲町1丁目1番1号 新潟美咲合同庁舎1号館7階
TEL:025-285-0515 E-mail:
pr1-niigata@pco.mod.go.jp →資料請求

本部長の部屋boss room

 皆様、平素から自衛隊新潟地方協力本部に対し格別なるご支援ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 私は平成31年3月23日付で自衛隊新潟地方協力本部長の大命を拝し過日着任しました大倉1佐であります。前職は国防の最前線対馬を防衛警備する陸上自衛隊対馬警備隊(通称「ヤマネコ軍団」長崎県対馬市)の隊長であり、前職に引き続き日本海側での勤務となります。私は静岡県伊東市出身で、これが初めての新潟勤務となりますが、新潟は私の尊敬する上杉謙信公のゆかりの地であり、かつて謙信公を祀る上杉神社のある山形県米沢市を隊区とする普通科中隊長を務めたこともあり、新潟で勤務することを非常に楽しみにしておりました。新潟は実に美しい自然と輝かしい歴史、奥ゆかしい文化と伝統を誇り、多くの偉人を輩出した素晴らしい郷土であります。この素晴らしい越後の地において、自衛隊と地域とを繋ぐ架け橋となり、防衛基盤の強化という大任を担うはまさに男子の本懐にしてこれに勝るものはありません。長岡藩の藩是であり山本五十六連合艦隊司令長官の座右の銘であった「常在戦場」を我が心とし、この新任地で一所懸命にご奉公いたしますので、どうか皆様、今後とも宜しくお願いします。

 さて皆様、我が国を取り巻く安全保障環境を顧みますと、様々な課題や不安定要因がより顕在化・先鋭化し、一層厳しさを増しております。このような厳しい情勢の中、「我が国の平和と独立を守り国の安全を保つ」という崇高な使命の下、各種事態に適時適切に対応し我が国の領土領海領空、国民の生命・財産を守るためには、自衛隊として一人でも多くの質の高い人材を必要としています。自衛隊では陸上・海上・航空に分かれ、更に多くの職種・職域といった実に様々な分野や各種採用形態を有しており、きっと皆様の意志、性格、興味、得意分野等に合ったやり甲斐のある仕事が見つかるはずです。更に自衛隊では国・地域・ご家族からお預かりした貴重な人材を、日々の教育訓練・各種勤務等を通じ、規律正しく各種任務を完遂し得る資質、知識・技能を有する優れた人材に育成します。自衛隊はまさに「人を育てる学校」であります。どうか皆様、安心して自衛隊に飛び込んできてください。一方で自衛隊は任期制又は若年定年制といった特殊な人事制度を有しており、いずれは皆自衛隊を退職しなければなりませんが、退職後には各自衛隊で鍛えられた人材を立派な一社会人として皆様に還元し、地域社会のために役立たせていただくことになります。このように国・地域・ご家族との連携あってこそ、自衛隊は各種任務遂行が可能となりますので、どうか皆様、自衛隊に対するご理解とご支援ご協力を宜しくお願いします。

 自衛隊新潟地方協力本部は、このように新潟県における自衛官等の募集、退職自衛官の就職援護、自衛隊の広報等を任務とし、皆様と自衛隊とを繋ぐ架け橋となって幅広く活動しており、心は常に新潟県民と共にあります。皆様から信頼される地方協力本部となるべく、一所懸命にご奉公させていただきますので、どうか今後とも宜しくお願いします。美しい祖国日本、美しい郷土新潟の弥栄と皆様のご健勝とご多幸を祈念し、本部長からの挨拶とさせていただきます。


自衛隊新潟地方協力本部長 1等陸佐 大倉 正義



平成31年度予備自衛官1日間招集訓練
NEW
新隊員に隊員自主募集を依頼
NEW
「車懸りの出陣式」で決意表明
新潟県知事表敬で協力依頼
本部長の越後散策記
(山本元帥法要)
新潟地本恒例
「スタンプラリー2019」スタート
高田駐屯地記念行事で広報活動実施

本部長の越後散策記
(新発田)
新潟県自衛官募集相談員連合会
定期総会を支援
島見緑地桜まつりで自衛隊をPR

春の桜祭りで広報活動

本部長の越後散策記
(春日山その2)
本部長の越後散策記
(春日山その1)
本部長の越後散策記




新潟地本新聞 バックナンバー

No.1)(No.2









INFORMATION・各種コーナー