退職自衛官を採用したい(企業等の皆様へ)

 自衛隊は、精強性を保つため、若年定年制及び任期制という制度を採用しており、多くの自衛官が50歳代半ば及び20歳台半ばで退職することになっています。  一般の公務員より若い年齢で退職する自衛官の多くは、退職後企業での活躍を希望しており、再就職先に役立つ資格及び免許を多く保有しております。

  • 幹 部
    (定年制50歳代)
    リーダーシップを身に付けた管理者

    ☆すぐれたリーダーシップ
    ☆科学的管理技能
    ☆総合判断力と企画力
  • 准・曹
    (定年制50歳代)
    実行力ある現場監督

    ☆部下の教育指導能力
    ☆強い責任感と精神力
    ☆技術のエキスパート

  • (任期制:20歳代)
    規律正しい実行者

    ☆順法精神と強い責任感
    ☆忍耐力・実行力と協力心
    ☆強靭な体力と技術の素養

※詳しくは以下のリンクをクリックしてください