自衛隊を知りたい

国際貢献

湾岸戦争後の平成3年、日本船舶の航行の安全を確保するため、海上自衛隊の掃海部隊がペルシャ湾に派遣されました。これは、被災国の復興という平和的・人道的な国際貢献策のひとつでもありました。
翌平成4年には、国際平和協力法が制定され、同年9月、初の国連平和維持活動(PKO)として、陸上自衛隊の施設部隊がカンボジアに派遣されました。以来、防衛省・自衛隊は、さまざまな国際平和協力活動に参加し、国際的な安全保障環境の改善に主体的、積極的に取り組んでいます。
こうした中、平成13年の”9.11テロ”を受けて、旧テロ対策特措法が制定され、平成20年1月には、補給支援特措法が制定されました。これらに基づき、海上自衛隊は、インド洋において補給活動を実施してきました。
また、平成15年には、イラクにおいて医療・給水支援、学校や道路などの復旧・整備工事を行ない、航空自衛隊も、クウェートを拠点に、イラク国内への人道復興関連物資の輸送などを行なってきました。

国際平和協力業務派遣までの流れ

国際貢献

自衛隊による主な国際平和協力事業

期 間 国際平和協力業務 活動地域
92年9月〜93年9月 カンボジア
(国連平和維持活動)
東南アジア
93年5月〜95年1月 モザンビーク
(国連平和維持活動)
アフリカ
94年9月〜12月 ルワンダ
(人道的な国際救援活動)
アフリカ
96年2月〜13年1月 ゴラン高原
(国連平和維持活動)
中東
99年11月〜00年2月 東ティモール
(人道的な国際救援活動)
東南アジア
01年10月 アフガニスタン
(人道的な国際救援活動)
中央アジア
02年2月〜04年6月 東ティモール
(国連平和維持活動)
東南アジア
03年3月〜4月 イラク
(人道的な国際救援活動)
中東
03年7月〜8月 イラク
(人道的な国際救援活動)
中東
07年3月〜11年1月 ネパール
(国連政治ミッション)
南アジア
09年7月〜 ソマリア沖・アデン湾
(海賊対処行動)
アフリカ
10年2月〜13年1月 ハイチ
(国際平和協力業務)
南アメリカ
11年11月〜 南スーダン
(国際平和協力業務)
アフリカ