自衛隊を知りたい

約24万人の自衛官たちが防衛、災害派遣、国際協力を担い日本及び世界を舞台に活躍しています。まさに中堅都市の総人口にも匹敵する人的資源を基盤に国の平和と安全を守るための多様な組織、機能と、これを遂行、支援するための多彩な職種・職域があります。

陸上自衛隊 GSDF

守りたい人がいる

陸上自衛隊

陸上自衛隊は、わが国の平和と安全を保つため、常に国民の皆さんの近くにあって、「わが国に対する外国の侵略を未然に防止するとともに、万一侵略があった場合に対処する」ことを中心的な役割としています。

さらに、「大規模災害など各種の事態への対応」や「国連平和維持活動参加」など、さまざまな分野で任務を果たしています。

海上自衛隊 MSDF

海の平和を保つ

海上自衛隊

日本は、国民の生存基盤のほとんどを海外に依存しています。海上自衛隊は、このような特殊な事情をふまえ、海上からの侵略に対しわが国土を防衛するとともに、周辺海域での海上交通の安全を確保することを主な任務としています。

また、災害時の物資の補給や艦船を利用した電源供給、国連平和維持活動でも燃料や人員の輸送などに活躍しています。

航空自衛隊 ASDF

美しき大空とともに

航空自衛隊

航空自衛隊は、平素から常時警戒監視を行い、敵の航空攻撃に即応して国土からできる限り遠方の空域で迎え撃ち、航空攻撃が継続できないようにして、国民と国土の被害を未然に防ぐことを主な任務としています。

また、災害発生時における捜索、救助などのほか、国際平和協力業務及び国際緊急援助活動時における航空機による人員や物資の輸送などを行っています。

自衛隊をより身近に感じていただくために

自衛隊に対する県民の皆様のご理解と関心を深め、より一層のご協力とさらなる信頼を得るために、駐屯地等の創立記念行事、音楽演奏、航空祭、体験航海、部隊見学、部外行事への参加など、自衛隊では様々な広報活動を行っています。長崎地方協力本部では、皆様に自衛隊がより親しまれる存在となるため、また、我が国の安全保障についてご理解を深めていただくために、各種広報イベントや長崎県内の自衛隊で実施される広報活動等について紹介しています。また、主として広報室が調整窓口となる各種業務について紹介します。(給食実習、総合的学習の時間、体験入隊、防衛モニター及びオピニオンリーダーの募集など)

イベント情報
防衛省・自衛隊の各駐屯地や基地で行われる開庁記念行事、航空祭、護衛艦一般公開体験航海、音楽演奏会などのイベント予定をご案内します。
海上自衛隊艦艇一般公開(佐世保)
普段なかなか見ることの出来ない、海上自衛隊の艦艇が、一般公開されます。佐世保を母港とする「あぶくま型護衛艦」「はつゆき型護衛艦」のうちいずれか一隻を見学する事が出来ます。甲板までは乗船することが出来、写真撮影も自由。(Sight SASEBO on line)