自衛官になりたい

予備自衛官は、普段は社会人としてそれぞれの職業に従事しながら、必要とされる練度を維持するために訓練に応じます。防衛招集・災害招集により招集された場合、出頭した日をもって自衛官となります。

予備自衛官等制度の沿革

予備自衛官

多くの国では、普段から、いざという時に必要となる防衛力を急速かつ計画的に確保するため予備役制度を整備しています。我が国においては、これに相当するものとして即応予備自衛官制度・予備自衛官制度・予備自衛官補制度という3つの制度(以下「予備自衛官等制度」)を設けています。一番最初に出来たのは予備自衛官制度であり、昭和29年の自衛隊発足と同時に導入されました。平成9年度、従来の予備自衛官制度に加え、陸上自衛隊をコンパクト化する一方、予備自衛官よりも即応性の高い即応予備自衛官制度を導入しました。また、平成13年度、幅広く国民に自衛隊をよく理解して頂くとともに予備自衛官の勢力を安定的に確保するために予備自衛官補制度を導入し、平成14年度から採用を開始しました。

即応予備自衛官マーク

即応予備自衛官は、防衛招集命令、国民保護等招集命令、治安招集命令及び災害等招集命令により招集された場合に、自衛官としてあらかじめ指定された陸上自衛隊の部隊において勤務します。採用対象は、元自衛官及び元予備自衛官です。

予備自衛官マーク

予備自衛官は、防衛招集命令、国民保護等招集命令、及び災害招集命令により招集された場合に、自衛官として勤務します。採用対象は、元自衛官及び予備自衛官補教育訓練修了者です。

予備自衛官補マーク

予備自衛官補は、教育訓練招集命令により招集された場合に、教育訓練を受け、教育訓練修了後、予備自衛官に任用されます。採用対象は、社会人・学生等の自衛官未経験者及び自衛官経験1年未満の者となります。