• 経歴 詳細を見る
  • 法政大学(法学部法律学科)
  • ■平成5年3月幹部候補生学校(奈 良)
  • ■平成6年2月中部航空警戒管制団第2移動警戒隊(入 間)
  • ■平成7年5月中部航空警戒管制団中部防空管制群防空管制隊(入 間)
  • ■平成10年3月第3輸送航空隊司令部監理部(美 保)
  • ■平成11年8月第1航空団司令部監理部(浜 松)
  • ■平成13年4月航空中央業務隊付(中央大学院研修)(市ヶ谷)
  • ■平成14年4月航空幕僚監部監理部法務課(市ヶ谷)
  • ■平成16年3月幹部学校付(第52期指揮幕僚課程)(目 黒)
  • ■平成17年4月航空幕僚監部防衛部防衛課(市ヶ谷)
  • ■平成20年4月第1航空団基地業務群業務隊長(浜 松)
  • ■平成22年4月航空幕僚監部首席法務官付(市ヶ谷)
  • ■平成24年8月幹部学校付(航空自衛隊第62期幹部高級課程・第14期統合高級課程)(目 黒)
  • ■平成25年8月航空幕僚監部首席法務官付法務官(企画・訴訟担当)(市ヶ谷)
  • ■平成27年2月航空幕僚監部防衛部防衛課兼防衛政策局防衛政策課(市ヶ谷)
  • ■平成27年12月特別航空輸送隊副司令(千 歳)
  • ■平成28年12月航空支援集団司令部法務官(府 中)
  • ■平成30年10月28日自衛隊宮崎地方協力本部長(宮 崎)
  • 本部長の部屋(バックナンバー)

    平成30年号外
本部長の部屋宮崎地本について
  • 氏名荒 井 将 人(あらい まさと)
  • 階級1等空佐
  • 年齢48歳
  • 出身地埼玉県
本部長の部屋(10月)
いつも自衛隊宮崎地方協力本部(以下「宮崎地本」)のHPを見て頂き有難うございます。 10月に入り、すっかり秋になりましたね。朝夕は少し寒さを感じるようにもなってきましたね。 一方、先月も台風の発生に伴い、本県にも台風の上陸・接近が増え、9月22日(日)には延岡において、台風17号による突風・竜巻が発生し、鉄塔が倒れ、 JRのコンテナが横転、525戸余りの民家の屋根が飛ばされるなど被害を受けています。被害にあわれた皆さまには、この場を借りてお見舞い申し上げます とともに、一日も早く家屋等の復旧が進み、日常の生活を取り戻されますようお祈り申し上げます。  本部長の部屋、なかなか更新できず、申し訳ありません。  着任以来、11ヶ月が経ちましたが、なかなか慣れません。未だに、日々忙しくしています。私としては、宮崎地本の本部長として、募集、就職援護、広報、予備自衛官等の業務一つ一つに真剣に向き合っているつもりですが、これは単に、私の要領が悪だけなのかもしれません。笑 さて、8月及び9月の主な出来事等について、遅ればせながら報告します。  まず、8月11日(日)・12日(月・祝)と予定していた、串間市福島港での掃海艇「ゆげしま」の入港が、台風による海上のうねりの影響により、広島県呉港からの出港が困難になったことから、延期されてしまいました。体験航海も予定しており、楽しみにしてくださっていた方には大変残念でしたが、9月15(日)・16日(月・祝)に延期されました。 しかしながら、9月もまた、台風の影響により掃海艇が海上の航行ができないとの判断から、最終的にはキャンセルとなってしまいました。串間、日南の皆さまには、大変残念な形・キャンセルとなってしまいましたこと、お詫び申し上げます。  8月16日(金)は、日之影町の「夏祭り ひのかげ2019」に参加しました。 山間にある町役場近くの広場に、沢山の町の人たちが集まり、食事をしながら様々な催しを見て楽しませて頂きました。航空自衛隊新田原基地からは、軽音楽バンド「ファイブ・ウィングス」も参加し、祭りを大いに盛り上げ、素敵な歌声が町全体に響き渡りました。夜には、恒例の花火が打ち上げられ、日之影町の夏の一大イベントを堪能できました。 翌17日(土)~18日(日)は、宮崎市内の高千穂通りで行われた「まつり宮崎2019」の開会式に参加しました。 開会式では、新田原基地司令とともに壇上で紹介頂き、第5航空団所属のF-15Jの4機編隊が高千穂通りに沿って通過飛行しました。皆様の大きな歓声を聞き、「まつり宮崎2019」の開幕に、地元の自衛隊として花を添えることが出来たのではないかと思いました。 その後は、宮崎地本の募集広報ブースで行われている広報活動を視察しました。陸自からは、西部方面隊の移動広報班による缶バッジ製作、第43普通科連隊の軽装甲機動車、高機動車の車両展示、海自からは、長崎佐世保の機動広報班(ブルーマリン)による広報支援、空自は新田原基地第5航空団広報室より戦闘機の操縦桿(実物)の展示とVRゴーグルを使用したヴァーチャル飛行体験の支援を頂きました。 地本では、自衛隊のミニ制服の試着や南極観測船「しらせ」から届いた「南極の氷」を展示し、触る体験をしてもらいました。2日間とも天候にも恵まれ、皆さんに自衛隊の存在を身近に感じて貰い、また自衛隊の活動をご紹介し、ご理解頂くことが出来たのではないかと考えています。これを機に、我々と一緒に働く仲間を一人でも多く見つけていきたい、そんな事を考えていました。  9月6日(金)は、山口県防府市に所在する航空自衛隊防府南基地で、自衛官候補生の入隊・入校式に参加し、また、翌7日(土)には、鹿児島県国分市に所在する陸上自衛隊国分駐屯地において、同じく自衛官候補生の入隊・入校式に参加してまいりました。  どちらも、第2次期(秋期)の入隊のため入隊者数は少なかったものの、制服を着て入隊・入校式に臨む姿は溌剌としており、3ヵ月後の成長した姿がとても楽しみになりました。  特に、防府南基地では宮崎からの入隊者5名の内、4名が女性ということで、女性の活躍が年々進んでいることを実感しました。  9月後半の土日及び平日に、一般曹候補生と自衛官候補生の入隊試験を実施しました。  沢山の受験生に試験を受けて頂き、感謝申し上げます。合格した皆さんには、是非、自衛隊に入って貰い、我々と一緒に汗を流して、国家や国民のために働いてほしいなあと思っています。 10月には、いよいよ防衛大学校・防衛医科大学校の試験があります。 地本の職員も、試験業務を適正、公正に実施するために、計画や準備に万全を尽くすべく走り回っています。 宮崎地本では、HP、SNS(ツィッター及びフェイスブック)を活用して、自衛隊のイベントや自衛隊の活動の広報を積極的に実施しています。 食欲の秋、スポーツの秋、募集業務の秋!です。 頑張っていきますので、引き続き、ご支援ご協力を宜しくお願い致します。


自衛隊宮崎地方協力本部長 荒井将人



 


TOPへ