• 経歴 詳細を見る
  • ■平成2年4月防衛大学校(人文社会学)(神奈川)
  • ■平成6年9月西部航空施設隊第1作業隊 (芦 屋(福岡))
  • ■平成8年8月北部航空警戒管制団第37警戒群 (山 田(岩手))
  • ■平成11年1月第7次ゴラン高原派遣輸送隊
  • ■平成11年10月第1輸送航空隊施設隊 (小 牧(愛知))
  • ■平成14年3月北部航空方面隊司令部施設課 (三 沢(青森))
  • ■平成17年3月幹部学校指揮幕僚課程 (目 黒(東京))
  • ■平成18年3月航空幕僚監部施設課 (市ヶ谷(東京))
  • ■平成19年10月幹部学校教育部(目 黒)
  • ■平成21年9月北部航空施設隊第1作業隊長 (三 沢)
  • ■平成24月3月航空幕僚監部情報課付(市ヶ谷)
  • ■平成25年6月在イスラエル防衛駐在官
  • ■平成28年8月情報本部統合情報部(市ヶ谷)
  • ■平成30年12月航空幕僚監部情報課情報運用室長 (市ヶ谷)
  • ■令和2年10月13日自衛隊宮崎地方協力本部長(宮 崎)
本部長の部屋宮崎地本について
  • 氏名石 原 信 也
  • (いしはら しんや)
  • 階級1等空佐
  • 年齢50歳
  • 出身地長崎県
本部長の部屋(12月)

『チホンチョウ日記 01』

自衛隊宮崎地方協力本部長(「チホンチョウ」)です。

宮崎県内でも新型コロナウイルス感染が収まりませんね。改めて、感染リスクが高まる「5つの場面」に気を付け、 「新しい生活様式」の実践に努めたいと思っています。
また、今後、家庭内感染予防も課題となると思います。「家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~」などもご参照ください。

(参照リンク)
感染リスクが高まる「5つの場面」(厚生労働省HP) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(厚生労働省HP)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00009.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++

【お仕事】
「防衛大臣感謝状」贈呈
防衛大臣感謝状を代理で手交するため、県内各所を回りました。

防衛大臣感謝状とは、自衛隊記念行事の一環として、隊員の教育訓練・防衛施設の安定使用・自衛官の募集や就職援護・予備自衛官等の雇用などの分野で功労があった個人・団体を表彰するものです。

例年10月頃、市ヶ谷(東京)で、感謝状贈呈式は行われ、防衛大臣が各受賞者に対して感謝状を贈呈します。今年は、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、防衛大臣感謝状贈 呈式は中止され、地方協力本部長(チホンチョウ)等が、個別に感謝状を手交しています。

各種世論調査において、自衛隊(我が国の防衛・災害派遣・国際貢献・・・)への期待・信頼は高まっています。しかしながら、自衛隊は自らの力のみでその任務を果たし得るものではありません。皆さまの支えがあって初めて、誇りをもって日々の任務に邁進できると思っています。引き続き、自衛隊に対するご理解・ご支援をよろしくお願いします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

【トピック】
「防衛駐在官」
僕の主な経歴表に記載のとおり、平成25年~28年、外務省に出向し『在イスラエル防衛駐在官』として勤務しました。
中東イスラエル赴任にあたり、家族も帯同しました。家族みんなで苦労・喜びを分かち合い、公私にわたり貴重な経験をした3年間でした。

さて、「防衛駐在官(Defense Attache)」とは、防衛省から外務省に出向した自衛官で、外務省の事務官として諸外国にある日本大使館などの在外公館に駐在し、防衛に関する事務に従事する者のことをいいます。身分は、外務事務官ではありますが、自衛官の制服を着てその階級を呼称して仕事をします。

主な仕事は軍事情報の収集であり、各国の軍・国防当局や他国の駐在武官から、軍同士の関係でしか入手できない様々な情報を入手しています。これに加え、近年、各国との防衛協力は、装備協力も含めて、質、量共に拡大を続けており、これらに関する調整業務も担っています。

ちなみに、令和2年9月1日現在、83大使館及び6代表部(うち在勤46大使館及び2代表部)に合計70名の防衛駐在官が世界各地で勤務しています。彼らの活躍・健康と無事な帰国などを・・・宮崎から切に祈っています。

【参考リンク】
防衛省・自衛隊の『ここが知りたい!』防衛駐在官について(防衛省HP) https://www.mod.go.jp/j/publication/shiritai/chuuzaikan/index.html

「献血」
僕の趣味?の一つが「献血」。日本赤十字社の複数回献血クラブ(通称『ラブラッド』)に会員登録をして、年に十数回献血するようにしています。
先日、献血50回に到達したので記念品を頂戴しました。

最近、いきつけの献血ルームから、次のようなメールが届きました。
「12月に入り、厳しい寒さを迎えるこの時期は、献血にご協力いただける方が大変減少します。さらに今年はコロナ禍の影響で、企業や学校での献血中止が余儀なくされ、この状況は未だ改善する見込みが立っておりません。そしてこれからの季節は、患者さんにお届けする輸血用血液製剤の供給量も増加するため、現在の状況が続きますと、輸血を必要としている患者さんに血液をお届けすることが困難な状況になりえます。つきましては、ご家族やご友人、職場の方などお誘いのうえ、お一人でも多くの皆様にご協力いただきたくお願い申し上げます。

かなり困って(><)いるようです。あなたの献血で、多くの患者さんの命が救われます。これを契機に、献血に関心をもっていただけると嬉しいです。

※ 事情があって献血が出来ない方も、家族や友達に「献血」について話したり、SNSで拡散したり、献血の呼びかけを行う献血推進ボ ランティアに参加したりするなど、様々な献血への参加の仕方があります。あなたの献血に対する 思いが誰かを救うきっかけとなりますよ。

複数回献血クラブ「ラブラッド」HP http://www.jrc.or.jp/donation/club/


++++++++++++++++++++++++++++++++++

【雑感】

「宮崎焼酎」
宮崎県は、本格焼酎出荷量で、6年連続(2014~19酒造年度)の日本一!(日本酒造組合中央会調べ)
新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ・・・宴会こそ自粛していますが、宮崎焼酎を熱心に見て回っています。宮崎では、焼酎は20度が標準なんですね。
宮崎の飲み方は、度数が低いので体に優しいのか、それとも、水などで割らない(き)ので厳しいのか・・・新型コロナ感染症の状況がある程度落ち着いたら、身をもって体験したいと思います。

「宮崎県民手帳」
本屋さんに平積みされていた『宮崎県民手帳2021』を衝動買いしました。手帳から宮崎県情報が溢れています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

皆さま、穏やかな新年をお迎えくださいませ。


TOPへ