• 経歴 詳細を見る
  • 法政大学(法学部法律学科)
  • ■平成5年3月幹部候補生学校(奈 良)
  • ■平成6年2月中部航空警戒管制団第2移動警戒隊(入 間)
  • ■平成7年5月中部航空警戒管制団中部防空管制群防空管制隊(入 間)
  • ■平成10年3月第3輸送航空隊司令部監理部(美 保)
  • ■平成11年8月第1航空団司令部監理部(浜 松)
  • ■平成13年4月航空中央業務隊付(中央大学院研修)(市ヶ谷)
  • ■平成14年4月航空幕僚監部監理部法務課(市ヶ谷)
  • ■平成16年3月幹部学校付(第52期指揮幕僚課程)(目 黒)
  • ■平成17年4月航空幕僚監部防衛部防衛課(市ヶ谷)
  • ■平成20年4月第1航空団基地業務群業務隊長(浜 松)
  • ■平成22年4月航空幕僚監部首席法務官付(市ヶ谷)
  • ■平成24年8月幹部学校付(航空自衛隊第62期幹部高級課程・第14期統合高級課程)(目 黒)
  • ■平成25年8月航空幕僚監部首席法務官付法務官(企画・訴訟担当)(市ヶ谷)
  • ■平成27年2月航空幕僚監部防衛部防衛課兼防衛政策局防衛政策課(市ヶ谷)
  • ■平成27年12月特別航空輸送隊副司令(千 歳)
  • ■平成28年12月航空支援集団司令部法務官(府 中)
  • ■平成30年10月28日自衛隊宮崎地方協力本部長(宮 崎)

本部長の部屋宮崎地本について
  • 氏名荒 井 将 人(あらい まさと)
  • 階級1等空佐
  • 年齢48歳
  • 出身地埼玉県
本部長の部屋(9月)
 
いつも自衛隊宮崎地方協力本部(以下「宮崎地本」)のHPをご覧頂き、有難うございます。

9月に入っても、今年は厳しい暑さが続いています。ただ、朝夕はだいぶ涼しくなり、秋を少しずつ感じさせるようになりましたね。 一方で、過去最大規模の台風10号発生に伴い、本県にも台風の上陸・接近が予報され、県の対策本部への地本からの連絡員の派遣、県内部隊との連携など、不測事態への対応の準備を実施しましたが、幸いにも暴風は吹き荒れたものの河川の氾濫等はありませんでした。
しかしながら、残念なことに椎葉村において、土砂災害の大きな被害が発生しました。今も、4名が安否不明の状態であるとのこと。警察及び消防により、現在も懸命な捜索救助活動が実施されている状況ですが、一刻も早い発見と無事をお祈りしたいと思います。 その他、九州・沖縄の各地域で、台風10号により被害にあわれた皆さまには、この場を借りてお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧と回復をお祈り申し上げます。

宮崎県防災庁舎1Fエントランス

さて、私が宮崎に着任して、1年11ヶ月目となりました。 今年は、新型コロナウィルスの影響により、県内各地域のお祭りや行事等が中止に、それに伴う自衛隊の募集・広報イベントも中止となり、例年忙しい7月~8月が、とても寂しい時期となってしまいました。募集活動も、8月以降は小規模かつ各地域事務所や広報官による個別の募集活動を続けて参りましたが、今年は「例年よりも、志願者が少ないのでは?」と心配しておりました。
しかし、現在の状況を見ますと、例年以上に志願者が増えており、正直驚いております。これも、コロナ禍の影響による就職先の減少や、景気動向の悲観的な予測、仕事の安定志向などの要因が考えられます。また、学校での先生方による、学生さん達への「幅広い選択肢を選んでおいた方が良い!」とのご指導やご助言、保護者の皆様の自衛隊への就職選択肢へのご理解、加えて、各募集相談員の皆様の地道な活動:学生さんや既卒者への将来を見据えた助言が、実を結んだ成果かもしれません。  今後も、若い学生さんや既卒者で就職先を新たに探している皆さんが、明日に希望を持てるよう、我々、地本職員も全力でサポートしていく所存です。

続いて、8月及び9月の主な出来事等についてです。 ですが、...行事やイベントは、新型コロナウィルスの影響で、ほとんどが中止や延期となっており、ご紹介する事があまりありません。(泣)
先月から今月にかけては、本部における管理業務の推進、地域事務所での個別の募集活動、インターネットやSNSを活用した地本自身が実施できる広報を日々検討しております。そして、コロナ禍でも、航空自衛隊新田原基地及び陸上自衛隊都城駐屯地の多大な協力を得て、所在の中隊規模の部隊への取材を実施し、様々な職種や業種の紹介動画を撮影させて頂き、連続、投稿して参りました。
勤務している自衛官の素朴な、優しい姿はとても好評で、“自衛隊”というものに触れたことのない皆様にとっては、“自衛隊員も意外と普通!”ということが伝わると思います。我々自衛官(隊員)は、ほんとうに“ごく普通!”なんですけどね。(笑)
身近に寄り添っている自衛官、そんな“ほっこりする姿”を今後も発信していけたらと思っています。  

9月の後半に向けて、第2回の一般曹候補生及び自衛官候補生、防衛大学校(推薦、総合選抜)の試験準備を鋭意、実施しています。また、10月には、防衛大学校(一般)・防衛医科大学校、航空学生の試験があります。地本の職員も、試験業務を適正、公正に実施するために、計画や準備に万全を尽くすべく、忙しく準備しています。  ちなみに防衛医科大学校の医科・看護学科の学生さんの入試の応募は、10月初旬まで受け付けておりますので、是非、検討してみてくださいね。
令和2年8月28日に航空自衛隊に入隊した5名です。

宮崎地本では、「今できる事を、地道にやっていこう!」というスローガンとともに、今年のコロナ禍に鑑み、「募集対象者(学生さん達、保護者の皆様)に寄り添う助言・サポート」を実施するよう指導しています。
具体的には、将来の進路に迷っているなら、まずは、今の不安を払しょくするために「自衛隊の試験を受けてみないか?」、また、「自衛隊の試験を受けて、合格して(入隊資格を持って)、他の選択肢を検討してみるのは?」ということも、踏み込んで相談に乗ってあげてくれと広報官に伝えています。最終的に自衛隊に入隊しなくても、その人の最善の道の選択に、我々、自衛隊の地本広報官が少しでも役立ってくれれば良いと!思っています。

宮崎地本は、引き続きインターネットのHP、SNS(ツィッター及びフェイスブック)を活用して、自衛隊のイベント、採用情報や自衛隊の活動の広報を積極的に実施していきます。 コロナ禍でありますが、食欲の秋、スポーツの秋、そして自衛官の採用業務の秋! まだまだ頑張っていきますので、引き続き、ご支援ご協力を宜しくお願い致します。
新田原基地での取材

令和2年9月7日
自衛隊宮崎地方協力本部長 荒井 将人


TOPへ