本文へスキップ

国家を守る、公務員。陸海空自衛官募集。採用年齢は18歳から33歳未満まで。

TEL. 022-295-2612

〒983-0842 仙台市宮城野区五輪1-3-15

大河原地域事務所OGAWARA Recruit Office

広報官紹介

所在地:宮城県柴田郡大河原町錦町1−1
所 長:陸上自衛官 1等陸尉 壁寸 敦 

陸上自衛官4名




大河原地域事務所長 1等陸尉 壁寸 淳



副所長 陸曹長 板橋 寛通

副所長:板橋広報官の入隊の動機「「消防と自衛隊、どちらか迷っていたところ自衛官になっていた高校の先輩から勧められたため」

コメント「人に優しく。 」  



1等陸曹 澤田 誠

澤田広報官:入隊の動機 「自衛官になる前は、仙台市内のホテルで勤務するホテルマンでした。自衛隊ラグビーの鬼だった姉の旦那さんの影響もあり公務員で人の役に立てる仕事である自衛官へ転職しました。」

コメント「全国にたくさんの仲間が作れます。」 


2等陸曹 渡部 雅也

渡部広報官:入隊の動機「高校生の時に栃木・福島豪雨災害があり、テレビで自衛隊の災害派遣活動を目にし、非常に感銘を受けました。また、高校の先輩が自衛隊に入隊していたことも影響したと思います。 」

コメント「・人に感謝 ・趣味を昇華させ仕事にしました(スキー、格闘の部隊指導官資格保有)。 ・好きな言葉「人生は究極の選択の連続である。」


大河原地域事務所の担当区分

大河原地域事務所の担当地域
白石市・角田市・大河原町・川崎町・蔵王町・七ヶ宿町・柴田町・丸森町・村田町・山元町・亘理町

担当学校
仙台大学・宮城県白石高等学校技術専門校・白石高校・白石工業高校・柴田農林高校・柴田高校・柴田農林川崎高校・蔵王高校・白石七ヶ宿高校・角田高校・伊具高校・亘理高校・柴田高校・大河原商業高校・村田高校・西山学院(私立)


大河原地域事務所の活動紹介

陸上自衛隊高等工科学校生徒の母校訪問 4.1月
大河原地域事務所(所長:島3空佐)は、今年度入校した陸上自衛隊高等工科学校生徒が冬期休暇に帰省した際の母校訪問を支援しました。 どの生徒も4月の入校から逞しく成長していて、先生方はかつての教え子のその成長ぶりに驚き、とても喜んでくれました。


濱田 孟徳さん
訪問先 角田中学校
訪問日 R3.12.27
担当 板橋陸曹長

校長先生、陸上部顧問の先生と



第20回危機管理合同研修会 R3.12.12
大河原地域事務所(所長:大竹1陸尉)は、防衛・防災意識の普及高揚を図り、地域の安心な町づくりと自衛官募集・広報に寄与する目的で実施された「第20回危機管理合同研修会」を支援しました。当日は、東北方面音楽隊(仙台)及び第2施設団(船岡)が協力し、東日本大震災の犠牲者の方々へのラッパによる黙とう及び音楽演奏会、第301水際障害中隊長による防災講話を行いました。学生の皆さんは、事務所の募集広報ブースに立ち寄っては興味深々な様子でパンプレット等を手にとっていました。



第301水際障害中隊長の講話  東北方面音楽隊の演奏


事務所募集広報ブースの様子


「まもる君」が大河原地域事務所を紹介





大河原地域事務所の活動紹介

新隊員の母校訪問 R3.5.20
陸上自衛隊多賀城駐屯地119教育大隊340中隊所属の遠藤優斗2等陸士が、母校である蔵王高校を訪問しました。 在学当時の先生方をはじめ、自衛隊の話を聞きたいと希望した後輩の皆さんに、入隊しての感想や駐屯地での生活の様子を話しました。
また、大河原商業高校出身で、朝霞駐屯地女性自衛官教育隊で教育訓練中の高沢璃奈2等陸士も母校を訪問。高校の進路指導部長の先生方に自衛隊教育隊での生活の様子や訓練の話を伝えました。

 

 

 


 

「オーガ」の掲示板で自衛官採用情報を発信中

大河原地域事務所では、JR大河原駅前の商業施設「オーガ」1階の掲示板に自衛官採用情報等のポスターを掲示しています。昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の状況を受け、現在は「3密」を避けた採用活動を実施中の告知ポスターを掲示中です。今後も引き続き、自衛官採用試験情報等、公務員志望者向けの情報をお届けする予定ですのでチェックしてください。






             

      メール        TEL



バナースペース

自衛隊宮城地方協力本部

〒983-0842
仙台市宮城野区五輪1-3-15

TEL 022-295-2611 代表
TEL 022-295-2612 募集課