横須賀観光スポット

トップページINDEX>船乗りの水事情

一般の方によく聞かれるのが、艦の中での水事情のことです。
お風呂のお湯は海水でお風呂に入れない(もしくは数日おきに入る)とか、洗濯は海水?や、水って使えるの?といった質問です。
 でも実際のところ、その点は心配御無用となっております。艦には造水装置(簡単な構造はコチラから)という機械がありまして、
それで真水を作ります。

 
造水の簡単な手順ですが、まず装置内部を真空にして海水を通し、ボイラーで海水を加熱します。真空状態ですと低い温度で沸騰が始まりますので、効率良く水蒸気が発生します。
それをこれまた加熱する前の冷えた海水が通っている冷却器に当てると凝結(冬の窓辺に付く結露を想像していただくとわかりやすいですね♪)して真水ができます。
冷却器を流れた温かい海水ですが、温いのでちょっと加熱すると水蒸気になりますね?
お気づきの方もいると思いますが、海水を効率良く循環させて真水にする良くできた装置と言えます。

 造水量は搭載された装置によって様々ですが、前に乗っていた艦では1日50トンぐらいできました。
300人近くの乗員が1日生活しても若干余るくらいの造水量を誇り、航海中に水に困ることは少なかったです。
 
 なので洗濯は手洗濯ではなく全自動洗濯機を使いますし、毎日シャワーも使います。
お風呂のお湯ですが、飲み水などの生活用水を優先させるために航海中は海水になりますが、水が余ってるときは真水になります。
さすがに造水装置が壊れたとか、海水が造水に向いてない等になると造水できずに困ることもありますw

 それとトイレですが水洗トイレを採用しておりまして、新しい艦だとウォシュレット機能を搭載してます。
もちろんただの水です。水洗のために流すのは海水ですが、少し古い艦だと造水量が少なく洗濯や真水の使用が制限されますので、船乗りとしてもし希望できるなら新しい方がおススメです。

 
しかし水があるからといって無駄に使うことはありません。

 艦艇乗りたての若い乗員にも先輩が指導を徹底し、生活面での節水術を教えていくのが慣わしとなっており、「水の1滴は血の1滴」と教えられるくらい船乗りは水を大事にします。
たとえば歯磨き中水を出しっぱなしにしない、体を洗うときは髪から爪先まで全部洗ってから流す、風呂に水を張るときは溢れないように監視する、洗濯はある程度溜めてからするなどを教え込まれます。

 何気に船乗りってエコの実戦部隊なんですよ?w
 
 白い制服の爽やかさに反して少々汚れて潤いの無い艦艇生活をイメージされてる方が多少なりといるようですが、少しは理解していただけたら幸いですw