メタボ対策 

トップページ>>INDEX>>サト吉15



  海上自衛官といえど、航海中は運動不足になりがちだと思われる方も多々いると思います。一昔前まではそうでした(^^;
近年、護衛艦の大型・少人力化が進んで艦内を広々使用できると言いましても、船なので結局は動ける範囲が狭いのが現状です。
さらに食事も美味しい(海自の自慢の一つです♪)ので、ついつい食べ過ぎていつの間にか「あれ?ベルトにお肉が乗っかってる・・・?」という事態になるので、
必然的にふくよかな肉体が出来上がってくるわけです。

しかしこの状況を打破しようと運動不足対策もあるわけでして、(最近、巷で叫ばれてるメタボ対策の煽りもあるとか無いとかw)航海中は任務に支障の無い時間に運動の時間が設けられます。
艦上体育と言いまして航海しながら甲板上を今日は右回り(左回り)と放送が入り、マグロのように周回して走ります。夏場や海外だと日差しが強いので帰港する頃には小麦を通り越して真っ黒になることもしばしば。
それと保養室(トレーニングルーム)がある艦はそこでも運動する事が可能となります。
長期出港などの航海期間が長い時はダイエットに最適です(?)出港前に弛んだボディーの先輩達が、帰ってくる頃にはスリムになってたり、ムキムキにビルドアップして戻ってきますw

自宅で待つ奥さんにいい意味で変わり果てた姿を驚かれるということをしばしば耳にしますw
そのほかにも対策として、艦で出す食事をローカロリー食にしてみたり、冬場に持久走訓練で走り込み等を実施して、お腹の出た海上自衛官を減らそうと試行錯誤をしながら頑張っておりますw