ラッタルとは・・・

トップページ>>INDEX>>サト吉23

 艦には自販機が設置されており、我々海上自衛官にとっては長い航海や
仕事の後の疲れを潤してくれる無くてはならない存在です。
とは言っても業者が艦にやってきてジュースを補充するわけでなく、
ジュースを仕入れて自販機に入れるのは自分達で、分隊で半月毎の持ち回りで補充していくのですが、
夏場になると入れても入れてもすぐ売り切れ表示になります。
酷い時には全部の段が綺麗に売り切れの赤ランプが点灯していることもありました。

冬はコーンポタージュが人気商品で、夏はコーラなどの炭酸入りの爽やか系が売れ筋です。
言わずもがなのコーヒーはいつでも売れます((´∀`★))ヶラヶラ


 そしてもうひとつ忘れてはならないのがアイスの販売です。
航海中の19時30分を過ぎた頃に販売されるアイスには、
普段甘い物に興味の無い乗員も我先にと群がり、航海中の癒しのひと時となります。
これもジュース同様、自分達で仕入れて補充します。


 私は甘い物に目が無いので1日平均3〜4個は買っていきますが、その当時の艦長も大の甘党だったので、
5個ぐらいまとめ買いしていく猛者でした。アイスといえば艦長かサト吉か、と言うくらい有名になってしまったこともありました(汗`・ω・ι)

そして、何故か艦で販売しているアイスはメチャクチャ硬質で、釘が打てるんじゃないかと思うぐらいにカチンコチンになっています。
食欲に負けてかぶり付き、差し歯である前歯が欠けて病院にいくハメになったのは苦い思い出です(((壊゚∀゚)))ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

※なぜ19時30分過ぎかといいますと、艦の日課で掃除の時間が19時から30分間行われます。
その後、艦内の異常や人員の有無を確認するために上官が艦内を見て歩き点検します。それが終わってようやくアイスの販売になります。


 そうそう昔の訓練でノルウェーに行った時に小腹が空いたので移動販売のジェラートを食べたのですが・・・
美味しかったので食べ終わったら即入店。食べ終わったら即入店(以下ループ
そんなことをして全15種食べ終わる頃には

「今度はどれにしますか?m9゚(゚`∀´゚)゚9m」

「そんなに食べて大丈夫か?クス(●´艸`**´艸`●)クス」

とお店の人が笑ってしまい、店員さんと言葉は通じなくとも仲良くなってしまったのはいい思い出です((´∀`★))ヶラヶラ


思い返せばどの国でもたくさん食べて仲良くなった気が・・・w


ちなみにジュースとアイスですが、艦艇では時に面白い扱いを受ける場合があります。


長い航海では髪が伸びても床屋は無いので、品位を保てません。
しかし人間やればできるもので、最初の頃は髪を切るのが人より少し上手だったくらいの素人が、乗員の髪を
サービスで切ってやっているうちにいつの間にかプロ顔負けの腕前になってます。
仕事の合間をぬって散髪してくれた隊員への感謝の意(散髪代)として渡されるのがなんと!
ジュース(アイスだったりw)なのです。

隊員にとってジュース(アイス)は尊い物(?)であり、作業員への労いの品だったり、世話を焼いてくれた先輩への感謝の品だったり、
仕事でミスをした時の謝罪の品だったりも・・・w
その他の使われ方もしますが、艦内では結構万能な品で、隊員間では何かと重宝しますw


とは言っても重宝するのはいいのですが、作業のリーダーになった場合は部下に「ご苦労さん」の意味合いで
ふるまわなければならないので、2〜3人ならまだしも10人を超えると1回で1000円以上ぶっとぶという
財布に優しくない代物でもあります・゜・(ノω;`)・゜・シクシク・・。


 ということで偉い人には是非、作業員へふるまうためのジュース代を給料に上乗せしていただきたいと思います。

・・・まぁダメでしょうけどww

長期航海とは自分のスキルを伸ばすチャンスである。
肉体に磨きをかけたり、技能を高めたり、床屋になったり・・・。
料金はジュース1本でリーズナブルだが確かなクオリティーがある。
しかし、何事も失敗して成長するもの。
生贄にされた隊員達の犠牲の下に成り立っていることを忘れてはならない。
稀に熱い指導で若年隊員が闘魂注入される場合は散髪台が処刑台に変わる。
艦内国際通貨であるジュース。亜種のアイスもある。
自販機前は、しばしばジュースジャンケンの戦いの場となり、
若手の仲間意識の強さなどから徐々に戦列参加していき、10人を超える場合もある。
ただのジャンケンがハイリスク・ローリターンの殺伐とした戦場になる瞬間である。

艦によってジュースの種類が違うので探検してみるのもいいだろう。