TOP ▲

自衛隊京都地方協力本部 JAPAN SELF DEFENSE KYOTO PROVINCIAL COOPERATION OFFICE

自衛官になりたい

マンガで分かる自衛隊採用制度

自衛官候補生とは

 採用後3ヶ月、自衛官として必要な基礎的事項についての教育・研修を経て、2士に任用される任期制の自衛官のコースです。2士に任用後は、陸1年9ヶ月、海空は2年9ヶ月を1任期として、2任期目以降は、2年間の任期を継続するか、民間への就職も防衛省がしっかりとバックアップします。また、選抜により「曹」への道も開かれています。


自衛官募集

※動画が再生されない場合はコチラ
任 期 制 自 衛 官 の し く み

採 用
自衛官候補生教育 (約3か月)
自衛官として必要な資質を高めるため、自衛隊の組織、編成、規則、礼式と基本的な技能などを学びます。
職域決定
教育訓練が終わると職種の選択を行います。職種とは、自衛隊の中での役割分担の事。
これまでの訓練、課業での評価、適性を基に決定されます。
教 育
部隊での勤務のための専門技術・知識について、基本的な教育を受けます。
陸上自衛隊
(1年9か月)
特技教育(約8週~13週)
  • 部隊勤務に必要な特技(専門の技術)についての基本的な教育を受けます。
  • 部隊勤務
    • 本格的な各種特技教育や各種部隊訓練等を通じて、担当する特技(職種)におけるエキスパートとして技術の向上を図ります。
海上自衛隊
(2年9か月)
練習員教育(約1か月)

部隊勤務

特技教育(約10週~1年)

部隊勤務
  • 部隊に勤務しながら、技術者としての知識技能を高めるための術科教育を受けます。
航空自衛隊
(2年9か月)
術科教育(約3~46週)
  • 1術校(航空機整備等)、2術校(高射・レーダー整備等)、3術校(後方業務等)、4術校(通信気象等)、5術校(航空管制等)

部隊勤務
  • 訓練や演習を通じて組織の基幹スタッフとして能力の向上を目指します。
  • ▼         選択により           ▼
勤務継続 民間企業への就職
  • 勤務継続を希望の場合
部隊での勤務をしながら選考により、2年を任期として継続任用されます。また、自衛隊では選抜試験に合格すれば、「曹」さらには「幹部」へ進む道も拓かれています。
  • 民間企業への就職を希望する場合
自衛隊のさまざまな就職援護施策(職業訓練・合同企業説明会等)を利用し、民間企業などへの就職支援を受けることができます。

受験資格

18歳~33歳未満の日本国籍をもっている方
ただし、32歳の者にあっては、採用予定月の1日から起算して3月に達する日の翌月の末日現在、
33歳に達していない者に限る。
※詳しくはお問合せください。


採用試験日程

   
時 期 場 所
令和2年2月22日(土) 海上自衛隊 舞鶴基地 (舞鶴市)
令和2年3月8日(日) 陸上自衛隊 宇治駐屯地 (宇治市)

受験申し込みはお近くの相談窓口へ

自衛官候補生の受験を希望される方、興味を持った方はお気軽にお近くの相談窓口へご連絡ください。

駐屯地/基地開放

自衛官採用試験

体験航海/体験搭乗

相談窓口・資料請求

入札公告

PCサイトへ

  • 防衛省・自衛隊
  • 陸上自衛隊
  • 海上自衛隊
  • 航空自衛隊
  • 京都の自衛隊
  • Twitter
  • SNS運営方針

ページトップへ