親子で予備自衛官(5日間)招集訓練参加

  自衛隊熊本地方協力本部(本部長 𣘺本 賦 1等陸佐)は、令和3年2月19日(金)から2月23日(火)の5日間、北熊本駐屯地で実施された予備自衛官(5日間)招集訓練を支援した。
  今年度は、令和2年7月豪雨や新型コロナウィルス感染拡大の影響で2回の訓練が中止となり、今回が5回目の訓練となった。
  当日、2月19日(金)は、早朝から寒さで身体を震わせながらも熱い気持ちの入った予備自衛官の方々が出頭し、検温・消毒・健康状態の確認後、ソーシャルディスタンスを守りながら受付を開始した。
  訓練担当部隊(第8後方支援連隊)は、新型コロナウィルス感染防止の観点から綿密な計画、調整・点検及び行動計画を策定し訓練を実施した。
  訓練参加者は、制限を受けた訓練となったものの精一杯訓練に取り組んでいた。訓練3日目からは、2日目までとは打って変わり嘘のように温かく梅の花も開花を始めていた。それにつられるように訓練参加者も昔話に花を咲かせ、満面の笑みを浮かべながら楽しそうに訓練に励んでいた。
  また、今回の訓練には同じ顔をした予備自衛官が2人。なんと、「親子で予備自衛官」が2組も参加しており、親子共々、今後の活躍を期待されるところである。

  熊本地本は、コロナ禍でありながらもより良い訓練環境の構築のため関係各所との連携を密にし、今後も予備自衛官の方達に寄り添い、堅固な関係を維持していく所存である。

予備自衛官(5日間)招集訓練
令和3年2月19日(金)~2月23日(火)
北熊本駐屯地


受付風景

身体検査

予備自衛官永年勤続者(5年)

予備自衛官永年勤続者(10年)

親子で予備自衛官(坂田親子)

親子で予備自衛官(地下親子)

PAGE
TOP