令和2年度予備自衛官補辞令書交付式 (夫婦で予備自衛官等の道へ!)

  自衛隊熊本地方協力本部(本部長 1等陸佐 仲西 勝典)は、令和2年12月20日(日)北熊本駐屯地において令和2年度予備自衛官補辞令書交付式を実施した。
  予備自衛官補の採用は、年2回(7月・12月)に実施されるが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により今年度初の採用となったが、新たに23名(技能9名・一般14名)の方々が予備自衛官補として採用され辞令書を交付した。
  当日は、冬晴れの寒い中、朝9時から受付を開始し、着々と集まって来る予備自衛官補の隊員達は、初めての駐屯地に緊張した様子であった。最初、予備自衛官補の制度教育を実施し、時間が経つに連れ笑顔が見え始め、笑い声も聞こえるようになり緊張も解れた様子であった。
  しかし、一旦、辞令書交付式が始まると緊張した面持ちで自衛官として無事に式を終えた。
  特に参加者の一人である山添紗恵さんは、ご主人も即応予備自衛官として活躍中であり、令和2年7月豪雨の災害派遣にも出頭して頂き、その際、SNSを通じて現場で活躍しているご主人の姿を見て誇りを持ち、「自分も予備自衛官となり、少しでも人の役に立ちたい。」という思いに駆られ予備自衛官補を志願された。
  今後は夫婦で即応予備自衛官・予備自衛官として訓練に精進し、明るい未来を担って行きたいと熱い思いを語り、紗恵さんも将来、即応予備自衛官になりたいと意欲を見せた。
  熊本地本は、今後もより良い訓練環境の構築のため関係各所との連携を密に図り、予備自衛官等の方々に寄り添い、堅固な関係を維持していく。

予備自衛官補辞令書交付式(夫婦で予備自衛官等)
令和2年12月20日(日)北熊本駐屯地


予備自衛官補辞令書交付風景

予備自衛官補辞令書交付風景(高校生)

予備自衛官補記念撮影

夫婦で予備自衛官等(山添さんご夫婦)

PAGE
TOP