「学校教諭、自衛隊募集相談員に対して自衛隊の魅力をPR!」

  自衛隊熊本地方協力本部(本部長 𣘺本 賦 1等陸佐)は、令和3年8月19日(木)、熊本県内の高等学校教諭3名及び熊本県自衛官募集相談員3名をグランメッセ熊本で開催した「令和3年度任期制隊員合同企業説明会」を研修した。

  本研修は、自衛官候補生の就職援護態勢及び再就職状況について理解を深めていただくことを目的として、任期制隊員の再就職の現状を確認するとともに、学校における進路の選択肢の助言及び自衛官募集相談員としての知識向上に努めた。

  前段は、来春退職予定である任期制隊員が企業説明会に参加している現状を見学していただき援護課総括班長の説明に熱心に耳を傾けて聴かれていた。

  後段は、任期制隊員の再就職の手順や就職援護方法及び自衛官募集に関する内容に焦点をおいて説明を実施した。研修参加者からは活発な質問を受け、特に任期制隊員が就職した企業における定着率、自衛官に入隊後の職域の選択方法及び自衛官募集に最適な人材についての質問があり印象的であった。その他にも多数の質問を受け、研修参加者の自衛官募集に対する感心の高さが伺え、今後多くの志願者が輩出できる期待を感じた。


 
学校教諭及び募集相談員に対する本説明会の概要及び就職援護の説明

合同企業説明会場の見学(グランメッセ熊本)

  研修を終えて、参加者からは「実際に現場を確認することで今後の、進路指導や生徒からの自衛隊に関する質問に対応することができ、今日の研修がとても充実した内容であり参加して良かった。」「自衛官募集相談員としての役割を再認識し、今回の研修を通して知り得た知識を活用して、今後は、一人でも多くの入隊希望者情報を提供したい。」との言葉を頂いた。

  自衛隊熊本地方協力本部は、今後も様々な機会を通して、自衛官募集に関する理解促進と更なる募集基盤の拡充を図るため、学校教諭及び自衛官募集相談員との緊密な連携を強化して、より良質な人材確保するため、日々の業務である自衛官募集に邁進する。

(募集課学校等係 美吉2曹)

PAGE
TOP