仕事フェスタで自衛隊を体験 ―くまもと未来のしごとフェスタin黒髪―

自衛隊熊本地方協力本部(本部長 1等陸佐 𣘺本 賦)は、令和3年7月25日(日)、熊本市男女共同参画センターはあもにい、黒髪西公園で実施された「くまもと未来のしごとフェスタin黒髪」を部隊とともに支援し自衛隊をPRした。
  本フェスタは昨年に引き続き2回目の開催であり、小、中学生に様々な職業を体験させ、「仕事」の楽しさ、喜び、尊さを伝えることが目的である。また、将来の進路選択の際にイメージを持ってもらうことで、県内から約20社の様々な企業が参加し、各社趣向を凝らした仕事体験コーナーを開設した。
  自衛隊コーナーにおいては、軽装甲機動車とオートバイの装備品展示のほか、止血法及び救急包帯体験、重さ20㎏にもなる背のう体験などを部隊(第8師団)とともに実施した。

今回のフェスタは、コロナ対策として完全予約制、1グループ3名~6名の制約を受けたが、当日は天候にも恵まれ県内から約600名の親子が来場し、大盛況の中行われた。
  会場内でも自衛隊コーナーには順番で絶えず多くの来場があり、参加者からは「自衛隊という仕事内容を知ることができた。」「自衛隊ってかっこいい!」などの声が多く聞こえた。

熊本県では、新型コロナウイルス感染防止のためイベントの開催が厳しい状況が続き、熊本地本としては久しぶりの部外行事支援となったが、本フェスタに参加し、子ども達の笑顔に触れ、イベント支援の重要性を再認識する機会となった。今回参加した小、中学生達の中から将来、自衛官が生まれることを願い、その一助となれば幸いである。

自衛隊熊本地方協力本部は、これからも地域と一体となった各種募集広報活動を、各関係協力団体をはじめとする地域の皆様のご協力のもと、各部隊と連携し、部員一同努めていく所存である。

(渉外広報室広報係 瀬崎2曹)

PAGE
TOP