熊本地本市街地広報 ~全集中!自衛官募集の呼吸~

  自衛隊熊本地方協力本部(本部長 1等陸佐 𣘺本 賦)は、令和3年度募集施策の一環として、7月1日(木)JR熊本駅ほか、県内各地において隊友会及び家族会等のご協力を得て、市街地広報を実施した。

  本部長以下地本部員の意気込みが届いたのか、当日は快晴。 新型コロナウイルス感染症感染及び感染拡大防止を配慮し、エアーくまモン、自衛隊説明会のパネルやのぼり旗を設置し、朝の通学時間帯を狙って広報活動を実施した。チラシ配布では、本部長以下地本部員、地本広報大使、熊本県隊友会会長及び熊本県家族会事務局長等が、「自衛官募集中です。よろしくお願いします。」と声を掛けながら、自衛官募集チラシ等を募集対象者等に配布した。
  配布した際、募集対象者等から「自衛隊のみなさん、応援しています。」、「今年受験を予定しています!」という様々な声が聞かれた。
  地本部員と協力団体が一体となり懸命な自衛官募集のPRを行い、熊本県から一人でも多く自衛隊に入隊して欲しいという熱い思いが、この日の気温に加わって、夏の解禁をも感じさせた。


広報大使によるチラシ配布

  自衛隊熊本地方協力本部は、厳しい募集環境においても本部長の要望事項である「挑戦」「連携」を常に念頭に、地本一丸となって新しい施策を創造し、失敗を恐れずに挑戦するとともに、各関係協力団体及び地域の皆様のご協力のもと、これからも地域と一体となった募集広報活動を、部員一同努めていく。


広報大使・隊友会・家族会のご協力を得てPR
(撮影時のみマスクを外しています)
(募集課企画班長 光永事務官)

PAGE
TOP