防衛モニター終了者と委嘱者に感謝と期待を込めて
八代出張所と水俣地域事務所において
防衛モニター委嘱終了伝達式と委嘱伝達式を実施

  自衛隊熊本地方協力本部(1等陸佐 𣘺本 賦)は、令和3年4月19日(月)八代出張所において令和元年度防衛モニター委嘱終了に伴う伝達式を、4月20日(火)水俣地域事務所において令和3年度防衛モニター委嘱伝達式を、新型コロナウイルス感染拡大防止に着意しつつ実施した。

  防衛モニターは、我が国の防衛問題及び防衛省・自衛隊に関し、広く国民一般の方の意見又は要望などを伺い、じ後の諸施策に反映させることを目的に、防衛事務次官が委嘱するものであり、任期は2年となっている。
  各伝達式について、八代所は所長が、任期を終えられる大山様に委嘱終了証を伝達し、当モニターとしての任期中のご尽力に対して感謝の言葉を述べた。
  また、水俣所においては、本部長より令和3年度防衛モニター委嘱者の前田様に対して委嘱状の伝達及び防衛モニター証明書の交付が行われた。
  本来ならば式終了後は、会食や懇談会を行うところであるが、新型コロナウイルス感染拡大防止を踏まえて簡略化した内容で実施した。
  今回、任期を終えられた大山様は、ご子息も自衛隊に入隊されており、「モニター終了後も、家族会の一員として引き続き自衛隊にご支援を続けます。」とのありがたい言葉をいただいた。
  また、前田様は「自衛隊の各種行事やイベントに積極的に参加させていただきます。楽しみにしております。」との意欲的な意見を頂いた。

八代 令和元年度防衛モニター 大山様
水俣 令和3年度防衛モニター 前田様

  今後も熊本地本では防衛モニターに対して、自衛隊の真の姿を見て頂き、建設的なご意見やご要望をいただけるよう支援を実施する。

(渉外広報室渉外班長 髙松准尉)

PAGE
TOP