新阿蘇大橋開通記念 あそマル収穫祭

  自衛隊熊本地方協力本部(本部長 1等陸佐 𣘺本 賦)は、令和3年3月27日(土)・28日(日)の2日間、熊本県等が主催する「あそマル収穫祭(春)」を部隊とともに支援し、自衛隊をPRした。

  本イベントは、熊本地震の影響により崩落した阿蘇大橋の代替ルートとして新設された「新阿蘇大橋」の開通を記念して開催された。
  両日は、甚大な被害から復興を遂げた阿蘇東急ゴルフクラブの各施設を一般開放、特に27日(土)は晴天に恵まれ春風が心地よい南阿蘇の大自然の中、阿蘇地域の住民をはじめとした熊本県内外の多くの家族連れなどが訪れ、賑わいを見せた。
  自衛隊コーナーでは、熊本地震に伴う災害派遣で使用した軽装甲機動車や偵察用オートバイ等を第8偵察隊(北熊本)の隊員が体験談を踏まえてわかりやすく紹介した。来場者は、普段見慣れない装備品の迫力や重厚感に圧倒され、会場は「実物は大きくてカッコいい!大きくなったら自衛官になってこれに乗りたい!」との子供たちの声で賑わい、隊員との記念撮影に盛り上がりを見せた。




  また、募集・広報ブースでは自衛隊グッズや同イベントの開催を記念して作製した当日限定オリジナル缶バッジの配布を行い、熊本地本広報大使とともに自衛隊に対する親近感の醸成を図り、イベントの成功を祈念した。
  イベント終了後、帰隊する自衛隊員に対し「熊本地震の際には皆さんに大変お世話になりました。」と盛大な拍手と感謝のエールが多くの来場者から贈られ、参加した隊員は和やかな雰囲気の中、会場を後にした。


  2016年4月に発災した熊本地震は熊本県内及び大分県の一部に甚大な被害をもたらした。震災後、熊本県は県民一丸となった復興の最中であり、阿蘇地域では昨年10月に国道57号線の通行が再開され、各種復興イベントが開催されているところである。
  熊本地本は、今後も地域と一体となった活動に努めるとともに、地域との懸け橋として、部員一同努めていく。

(阿蘇地域事務所長 森2尉)

PAGE
TOP