自衛隊を体験!
インターンシップ(自衛隊生活体験ツアー)

  自衛隊熊本地方協力本部(本部長 濱田博之1等陸佐)は、平成30年度インターンシップ(自衛隊生活体験ツアー)を2月21日から22日にかけて実施した。これは、自衛隊受験を考えている学生等が、北熊本駐屯地(陸上自衛隊)で1泊の生活体験をして、自衛隊の受験に際し、入隊への不安を払拭させ、安心して受験してもらうための企画である。
  参加者は、公募による受験希望者等4名であった。
  1日目は、「自衛隊全般のガイダンス」「体験喫食」「売店見学」「迷彩服着用」「駐屯地施設案内」「隊員浴場体験入浴」「第8師団広報員及び師団若手隊員との座談会」「生活隊舎体験宿泊」。特に「体験喫食」は、美味しくてボリュームがあると好評であった。
  売店では、一般の店舗では扱っていない自衛隊演習グッズに興味を持っていた。
  「座談会」では、隊員が自衛隊の日常生活や訓練等の話を冗談交じりに話して、和気あいあいとした雰囲気で進み、90分間では時間が足りない位であった。

2日目は、「朝礼・体操」「基本教練」「北熊館史料室見学」「防衛講話」「装備品見学」が行われた。北熊館での朝礼では、師団広報員の巧みなリードで体操を行った後、駐車場で基本教練及び分隊教練を体験した。迷彩服姿で分隊教練を行う参加者は、すでに立派な自衛官の様であった。
  基本教練後は、北熊館の史料室を見学、その後の師団法務官の講話も真剣に聞いて感心した様子であった。装備品の展示では、装甲装輪車や偵察バイク等に興味津々であり、記念撮影を楽しそうに行っていた。
  ツアー終了後のアンケートでも参加者に非常に好評であったので、今後熊本地本として、来年度は入隊者獲得の資とすべく、参加者増加に向け、日々募集活動に邁進する所存である。

(募集課計画係長 寺本曹長)

PAGE
TOP