PAGE TOP

トップへ戻る熊本地本トピックス/30年6月

熊本地震から2年、被災地に笑顔を
海上自衛隊東京音楽隊 in 熊本

  6月15日(金)、熊本県立劇場コンサートホールで行われた海上自衛隊東京音楽隊による演奏会「海上自衛隊東京音楽隊2018熊本公演」を支援しました。
  演奏会当日は梅雨時期にもかかわらず天候に恵まれ、セントラルバンドである海上自衛隊東京音楽隊の演奏会が熊本で開催されるのは6年ぶりということもあり、約1800席ある同劇場の座席がほぼ満席になり、大盛況の演奏会となりました。

  第1部の演奏が始まると、海上自衛隊の歌姫である三宅由佳莉3等海曹の歌声に会場は感動に包まれました。また、エネルギッシュなトランペット演奏等、海上自衛隊東京音楽隊の技術の高さを披露しました。
  第2部では、三宅3海曹と藤沼3海曹の素晴らしいデュエット『美女と野獣』のほか、地元熊本学園大学付属高校吹奏楽部との共演による『宝島』など大いに盛り上がりました。

  さらに、アンコールにはサプライズゲスト「くまモン」が登場し、『くまもとサプライズ』を東京音楽隊、熊本学園大学付属高校吹奏楽部の演奏及び三宅3海曹の歌により、会場は一体となりました。
  演奏会終了後、来場者からは「すばらしかった。大変良いコンサートを有り難う」「三宅3海曹の歌声を生で聴けて感動しました。」などの声が聞かれ、満面の笑みを浮かべ会場を後にされました。

  今後も熊本地本は、この様な演奏会等を通じ、地域に於ける自衛官募集や防衛基盤の拡充等を図っていきます。

(渉外広報室広報班長 光永事務官)