PAGE TOP

トップへ戻る熊本地本トピックス/30年5月

新1号橋開通、名称は「天城橋」

  5月20日(日)、上天草市の道の駅さんぱーるで開催された「新1号橋開通日記念上天草物産展」に、広報ブースを設け来場者に自衛隊をPRしました。

  この行事は、上天草市大矢野町と宇城市三角町を、新名称の天城橋(463m)で結ぶ国道266号「三角大矢野道路(3.7km)」の開通を記念したもので、地域住民によるステージイベントのほか、県内各地の道の駅物産展があり天草を訪れた観光客との交流が行なわれました。

  当日は、北熊本駐屯地西部方面特科連隊が指揮通信車や1/2tトラックを展示し、普段間近で見ることのできない装備品に直接触れることができるとあって、大盛況となりました。また隊員による丁寧な説明や凛々しい姿に、来場者の皆様は心強さを感じている様子でした。
  一方広報ブースでは、装備品のパネル展示や迷彩くまモン人形との写真撮影のほか、自衛隊オリジナル缶バッジのプレゼントで、多くの家族連れやちびっ子に自衛隊への関心を深めてもらいました。

  熊本地本は、今後も自治体や協力諸団体との連携を深め、地域住民に隊員の真の姿や自衛隊の活動を知ってもらえるよう「創造と挑戦」の精神をもって未来をつなぐ架け橋として各種活動を積極的におこなっていきます。

(天草駐在員事務所・山田曹長)