PAGE TOP

トップへ戻る熊本地本トピックス/30年5月

地域イベントで自衛隊の活動をPR
~「ふる郷愛鏡祭(あいきょうさい)」に陸自装備品を初展示~

  5月27日(日)、八代市鏡支所・鏡文化センター周辺で行われた「第33回ふる郷愛鏡祭」を西部方面特科連隊第1大隊とともに支援しました。

  このイベントは、八代市鏡町(かがみまち)の産業を紹介し、地域住民との交流を図る目的で開催されている行事で今年は33回目となりましたが、陸自装備品の展示は今回が初めてでした。

  当日は、晴天に恵まれ、八代市内外から約1.5万人が来場、イベントの一部である『働く車大集合』に、一昨年の熊本地震で活動した「野外炊具1号」や「82式指揮通信車」等の展示を行い、家族連れの子ども達が隊員と一緒に記念撮影する場面も見られました。
  八代出張所は、震災における自衛隊の活動写真の展示及び広報コーナーを開設し、特に、「熊本地本オリジナル缶バッジ」が子ども達に大人気でした。

  熊本地本は、このようなイベントを通して、地域の方々への防災意識の高揚と自衛隊への関心や親近感を持っていただくため、引き続き地方自治体と協力し、各種支援を実施していきます。

(八代出張所・寺岡准尉)