PAGE TOP

トップへ戻る熊本地本トピックス/30年12月

「高校生に自衛隊の仕事の魅力をPR」
~熊本お仕事探検フェア~

  12月12日(水)、グランメッセ熊本で行われた熊本県雇用環境整備協会主催の「くまもとお仕事探検フェア」に参加しました。
  「くまもとお仕事探検フェア」は、高校生に将来に向けた進路選択や職業に対する理解の場を提供し、キャリア形成の支援を目的とした県内最大規模のイベントです。当日は厳しい寒さの中、県内の高校1、2年生約4、200名が来場し、企業・官公庁63社、大学・短期大学10校、専門学校21校が企業等紹介コーナーや職業体験ブースを設置しました。

  熊本地本は、会場に防衛省・自衛隊広報ブースを設置し、約500名の高校生に対して募集広報活動を実施しました。説明コーナーには、各地域事務所等の広報官を配置し、自衛隊の任務をはじめ、陸海空自衛隊の役割と仕事の内容のほか、やりがいや魅力などについて分りやすく説明を行いました。

  また、体験コーナーには第42即応機動連隊の支援を受けて、96式装輪装甲車、軽装甲機動車及び偵察用オートバイを展示するとともに、自衛官の制服試着、災害時の活動写真及び戦闘糧食の展示エリアを設けるなど各コーナーには多くの高校生が集まり、隊員に積極的に質問を行ったり車両と一緒に写真撮影するなどブース内は熱気に包まれました。
  参加した高校生からは「自衛隊が災害派遣や国際貢献で活躍している姿に憧れる。」「説明を聞いて、やりたい仕事があったのでもっと自衛隊の話を聞いてみたい。」などの声があがり、今後の自衛官募集につながる大きな成果を収めることができました。

熊本地本は、今後も各種説明会を通じて、多くの学生に自衛隊の活動や魅力についてPRし、熊本県からの自衛隊入隊者の増加に努めて参ります。

ギャラリーコーナーでもイベントの模様を紹介しています!

(募集課募集専門官 豊福事務官)