本部長挨拶


第七代岩手地方協力本部長
一等陸佐 西本 浩史(にしもと ひろし)
 
 岩手地方協力本部ホームページを御覧の皆様、新年明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、希望に満ちた健やかな新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
旧年中は、皆様から多大になるご支援とご協力そして暖かい励ましのお言葉を賜り、誠にありがとうございます。その後押しもあり、岩手地方協力本部が一丸となって募集や援護等の任務達成に向け邁進することができました。
 早いもので、昨年の8月に着任してから、約半年が過ぎ、私自身、ここ岩手の地において初めての正月を無事に迎えることができますことに大きな喜びを感じております。
さて、わが国周辺の安全保障環境は、より一層緊張感を増しており、国内においても大規模な自然災害が頻発するなど、注意を怠ることはできません。このような情勢の中、国民の皆様そして県民の皆様からの防衛省自衛隊に対する期待と信頼は、益々高くなっており、より厳しい安全保障環境への対応をはじめ各種事態等への実効的な対応を通じ、これらの期待にしっかり応えていかなければならないと認識しています。
 一方、少子・高学歴化や雇用情勢の改善等により人材の確保が年々厳しさを増している状況ではありますが、皆様の自衛隊に対するご期待に応えるためには、人的基盤の確保・充実が非常に重要であります。
このような状況を受け、我々岩手地方協力本部は、激動する昨今の情勢に的確に対応しつつ、部員一同が良き伝統を継承し、創意と情熱で難局を打開して、与えられた任務を完遂する所存です。このため、協力諸団体、関係機関を始め多くの皆様からのご支援ご協力を得て、県民の皆様と自衛隊の架け橋となるべく防衛省自衛隊の広報を始め各種活動を行なうとともに、募集・援護・予備自業務を始めとする地本業務を実施してまいりますので、引き続き、皆様方からの変わらぬご指導を賜りますようお願い申し上げます。
 最後になりますが、岩手地方協力本部を支えて下さっている皆様には、本年もなお一層のご理解とご支援を賜りますよう心からお願い申し上げますとともに、皆様にとって今年が輝かしく、充実した一年になりますことをご祈念申し上げ新年のご挨拶とさせていただきます。