HOME



 今回水沢工業高校からの依頼により、水沢工業高校機械科2年生の三宅裕太君が
岩手駐屯地にやってきました。
 三宅君は、幼稚園を卒園する時に将来の夢を「自衛隊」と書いています。
あれから11年が経過し17歳になって現実に自分の将来を選択する時が来たのです。

卒業アルバムに書いた三宅裕太君の夢

 これが11年前に書いた夢です。「自衛隊になりたい!という夢はかなうか?それとも自衛隊とはどんなところなんだ?
自分の目で確認する為、岩手駐屯地を訪れました。

第9後方支援連隊第2整備大隊特科直接支援中隊で自衛隊を体験

 今回インターンシップに全面協力をしてくれた第9後方支援連隊第2整備大隊特科直接支援中隊(以下特科直接支援中隊と記述)の皆様です。
 まず仕事の始まりは朝礼から
皆の前で自己紹介。緊張する!汗
  朝礼では備特科直接支援中隊から本日の仕事の内容の説明と指示があり、一日のスタートです。

一日目 「今日の仕事(体験)は、車両整備です。」

 車両整備班長の箱山2曹から整備にあたっての安全管理等について注意事項と本日交換する部品について説明を受けました。
 交換作業では、イケメン阿部3曹に指導していただきました。

お仕事 その1 部品交換

第1弾は自衛隊車両の部品交換です。
 交換部品はリアサスペンションダンパー。サスペンションとボディを緩衝させる大事な部品!
 小さな部品ですが、大きな事故に繋がらないように定期的に点検・交換をします。
リアサスペンションダンパー
交換前にネジのサビを落として作業準備良し 交換後は、しっかりトルクレンチで締め付けOK
「部隊の皆さん安心して下さい。
三宅が確実に交換しておきましたよ!!」
(作業終了後には整備員が点検しています。)

お仕事 その2 切断・溶接

第2弾は金属の切断・溶接です。
 切断・溶接の指導は、伊藤2曹と菅野2曹にやさしく教えてもらいました。
 「学校で講習を受け自信はあったけど実際仕事としてやると難しく緊張しました。」

お仕事 その3 食 事(隊員食堂)

 第3弾は食事です?!自衛隊では食事も1つのお仕事!きちんと栄養士さんが栄養バランスやカロリー計算をして提供してくれます。
 ちゃんと食事を摂らないと、訓練はできません!
 「体験喫食のメニューは、ラーメンでとてもおいしかったです。これで隊員の皆様もパワーをつけていると実感しました。」
 「昼食時に水沢工業卒業の先輩で、特科直接支援中隊で勤務している高橋2曹と話す機会があり、自衛隊を選択した理由、入隊してからのことを沢山聞け、やりがいがあり楽しい職場という事が分かりました。」


二日目 「今日の仕事(体験)は、自衛隊の説明と地図の見方です。」

お仕事 その4 自衛隊の概要、座学

 「一関出張所長から自衛隊の概要を説明してもらい自衛隊の組織や活動について何となくわかったような気がします。」

お仕事 その5 食 事(レトルト)

「この日の昼食は、レトルトのカレーでした。
自衛官は、災害派遣などで食事をつくるのが難しい時は、乾パンやレトルト食品を食べて人命救助等にあたっていたんですね!すごい!」

お仕事 その6 地図の見方

昼食後は、自衛隊使用のコンパスを使い地図の見方を体験地図がない時は、自分で写生画を作ったりします。
この2日間を通じて自衛隊の仕事を知ることが出来ました。今後の進路決定に役立たせたいと思います。
 岩手地本では、このように学校で計画するインターンシップを支援することができます。
 お気軽にご連絡下さい。
問い合わせ 自衛隊岩手地方協力本部広報室 TEL019-623-3236